トップページ > 手続き・申請 > 運転免許証に関する手続き > 自主返納(申請取消し)の申請手続き

自主返納(申請取消し)の申請手続き

10月29日(日)にお越しの方へ
  金沢マラソンによる臨時交通規制にご注意ください。

  詳しくはこちらへ → 金沢マラソン2017公式ホームページ


 「高齢・病気」または「運転の必要がない」などの理由で、有効な運転免許証を自ら返納したい方は申請取消しの手続きをすることができます。
 「申請取消し」には、「全部申請取消し」(全ての免許種類の返納)と「一部申請取消し」(免許種類の一部の返納 例:大型一種を普通一種にしたい等)の2種類あります。
 また、「全部申請取消し」の手続きをした方は、手続きをした日から5年以内に運転経歴証明書の交付を申請することができます。
 申請手続きは、下記のとおりです。
受付場所 運転免許センター

全部申請取消し一部申請取消しいずれも申請できます。
全部申請取消し
石川県内の警察署、分庁舎(鶴来庁舎、穴水庁舎、能登庁舎)
※お住まいを管轄する警察署で手続きができます。

一部申請取消し
石川県内の警察署、分庁舎
(お住まいを管轄する警察署で手続きができますが、金沢中署、金沢東署、金沢西署、津幡署、白山署(本署)では受付していません。
運転免許センターで手続きとなります。)
受付時間

月曜日~金曜日
 午前9:30~午前11:30
 午後2:00~午後3:30
※ 土曜日、祝日、休日及び年末年始
 (12/29~1/3)は、手続きできません。
運転免許センターでは、全部申請取消しの電話予約による日曜日の手続きを行っています。必ず事前の予約が必要です

日曜日の自主返納(申請取消し)・運転経歴証明書の申請手続き(予約制)

月曜日~金曜日
 午前10:00~午前11:30
 午後1:00~午後3
:00
※ 土曜日、日曜日、祝日、休日及び年末年始
 (12/29~1/3)は、手続きできません。
手続き
できる方
免許証の住所地が石川県の有効な運転免許証を所持する方で、自ら返納を希望する方
ただし次の方は申請できません。
 ・免許の取消・停止処分の対象になっている方
 ・初心運転者講習の対象になっている方
 ・免許停止処分期間中の方
手続きが
できる期間
運転免許証の有効期間内
※ 有効期間を過ぎますと申請ができなくなります。
必要書類等 ○ 運転免許証

(住所変更等がある方のみ)
○ 住民票(「個人番号」「住民票コード」の記載のないもの)、健康保険証、マイナンバーカード(通知カードは不可)、本人宛の消印の押された郵便物等のいずれか

○ 運転免許証交付手数料(一部申請取消しで新たな下位免許を申請する方のみ)
 運転免許証 2,050円  一種目増すごとに200円
その他 ○ 本人の申請が必要です。
○ 
申請取消しをした後に、もう一度取消しを受けた免許種類を運転したい場合は、最初から取り直しとなりますので、よくお考えになって申請取消しの手続きを行ってください。
○ 全部申請取消しをした方は、手続きをした日から5年以内に運転経歴証明書を申請することができます。希望する方は下記をクリックして、手続きの内容をお読みください。
 運転経歴証明書の申請手続き

 その他不明な点がある方は、平日の午前8時30分から午後5時の間に
 運転免許センター TEL076-238-5901 へお問い合わせください。

 
 

戻る

ページの先頭へ