寺井警察署の活動など

タイトル 交通死亡事故防止を願ったひまわりの種を収穫

 平成30年6月14日、寺井警察署前駐車場の花壇で、管内の豊美保育園年長児と共にひまわりの種を植えました。
 この種は、平成23年京都府内で交通事故で亡くなられた保育園児の遺族から、園児が育てていた種を地元警察署が譲り受け、「ひまわりの絆プロジェクト」として交通死亡事故抑止活動を実施し、譲り受けた種の植栽を繰り返して増やし、その種を当署でも譲り受け、花壇に植えたものです。
 種は、8月に大輪の花を咲かせ、通行車両の運転手などに交通事故防止広報の一役を担いました。
 ひまわりの種は9月に収穫して管内保育園等に配布し、プロジェクトの輪を広げていきます。

園児らと共に種まきをする吉田署長

「ひまわりの絆プロジェクト」の看板

開花状況

次へ 交通安全七夕の集い
前へ 前の記事がありません。

リスト

ページの先頭へ