トップページ > 石川県公安委員会 > 定例会議の開催状況 > 公安委員会定例会議 1月11日(木)

公安委員会定例会議 1月11日(木)

石川県公安委員会 定例会議の開催状況

開催日 平成30年1月11日(木) 

1 決裁了承案件

(1) 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律に基づく意見聴取の実施について
 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律に基づく意見聴取の実施について説明があり、了承しました。

(2) 交通関係行政処分「意見の聴取」及び「聴聞」の結果について
 運転免許の行政処分に係る「意見の聴取」及び「聴聞」の結果について説明があり、交通違反等11件の事案に対する行政処分(免許取消し)を決定しました。

(3) 警察職員等の援助要求に対する同意について
 静岡県公安委員会からの警察職員等の援助要求について説明があり、了承しました。

2 報告案件

(北村委員長)
 年頭視閲式、お疲れさまでございました。大変寒い中での行事でしたが、大変きりりと締まった視閲式であったと思います。今年一年、県民の安全安心のため御尽力を頂きますようよろしくお願いいたします。

(1) 平成29年中の犯罪概況について
 平成29年中の犯罪概況について報告がなされました。

(北村委員長)
 刑法犯認知件数は減っていますが、重要犯罪の件数が増えているのですね。

(刑事部長)
 昨年は、女性や子供が被害に遭う犯罪が多数発生しまして、年当初からフランス人女性に対する事件や能登町における殺人事件が発生しましたし、子供を誘拐するような犯罪も散見されました。地道な検挙活動をしながら、生活安全部とも連携し、未然防止に努めてまいりたいと思っています。

(徳力委員)
 振り込め詐欺の件数が減っているのは、金融機関等との連携の効果が出てきたということでしょうか。

(生活安全部長)
 特殊詐欺対策については、まず、騙されない対策と騙されたとしても水際で食い止める対策の2点を重点に行っています。各金融機関では、振り込め詐欺を阻止するという意識が浸透しており、新たな手口があった場合は、金融機関に速やかに情報提供し、声かけと警察への通報を依頼しています。阻止率は63パーセントであり、民間の方々のお力添えが大変大きいと思います。


(2) 平成29年中の交通事故発生状況について
 平成29年中の交通事故発生状況について報告がなされました。

(田谷委員)
 全国的に見ても高齢者の事故が多いのですか。

(交通部長)
 昨年中の交通事故死者数に占める高齢者の割合は、全国で54.3パーセント、石川県では64.7パーセントと10ポイント程高い状況です。

(北村委員長)
 歩行者がはねられる事故が多いようですが、車両のライトを下向きよりも上向きにした方がよいのですね。どちらかというと対向車のことを考えて、ライトを上向きにしない意識が強いと思います。

(交通部長
)
 上向きだと100メートル位先まで見えますが、下向きだと50メートル位となり、時速50キロメートルで走行していると、50メートル先に歩行者を見つけてブレーキを踏んでも間に合わないというケースもありますので、ハイビームの活用を推奨してまいりたいと思います。

(田谷委員)
 免許更新時の高齢者講習の効果も出てくると思います。運動神経が落ちていることを自覚したり、他の人と同乗して講習を受けることにより、安全運転意識が高まると思います。


(交通部長)
 講習を受けて自分の運転に自信がなくなったり、認知症と判断されて免許証を返納したりと、運転免許の返納数が多くなっています。

(徳力委員)
 田舎の方では、安全確認をせずに横断する高齢歩行者が多いので、高齢歩行者に対する指導も実施していただきたいと思います。また、今日も雪がよく降っていますが、最近はあまり降らないので、雪道の走り方を忘れてしまっているように思います。

(交通部長)
 こまめに雪や凍結の状況を見ながら、交通規制を実施するほか、パトロールを強化してまいります。

(3) 「防災とボランティア週間」における取組について
 「防災とボランティア週間」における取組について報告がなされました。

(徳力委員)
 映像送信についてですが、一般家庭では、雪雲があったりすると反射して、BS放送が映らなくなったりしますが、そんなことはないのですか。

(警備部長)
 民間の電気通信事業者の回線を使用しての送信と警察の無線回線を使用しての送信の二通りの映像送信を行っています。

(警察本部長)
 複数の通信手段を確保することで、最も確度の高いものを活用するというのが災害対策通信の基本となっています。完全というものは難しいですが、過去の例をみても警察関係の通信インフラは堅牢であると考えております。

(田谷委員)
 災害用伝言ダイヤルの無料体験は、9月の防災週間と毎月1日に実施されていますが、1月もあるとは知りませんでした。

(警備部長)
 1月15日から21日までの防災とボランティア週間にも無料体験ができますので、広報してまいりたいと思います。



〇 公安委員会委員総括コメント

(田谷委員)
 先程の年頭視閲式は、各部隊とも素晴らしい行進でした。私も身の引き締まる思いをいたしました。一年間こういう気持ちで頑張っていただきたいと思います。
 カヌー選手の薬物混入事案については、これまで考えられなかったケースですが、これから厳しい競争が始まるとこういうこともあるのかなと思いました。

(徳力委員)
 今年一年、事件や事故のないように祈っています。
 今年は、8月に珠洲で日本スカウトジャンボリーが開催されます。これまで、皇太子殿下が御臨席となっていますので、警衛警備の方もよろしくお願いいたします。

(北村委員長)
 昨年は、犯罪認知件数も交通事故発生件数も減少し、皆さんの御努力の成果が挙がっていると思います。引き続き、今年も更に減少できればなと思います。皆さんの今年一年の御努力をよろしくお願いいたします。
 

     

〇 警察本部長総括コメント

(警察本部長)
 本日は、年頭視閲式がありました。各委員には御出席を賜り、ありがとうございました。警察としましても力強い警察の姿と崇高な決意を県民の方々にお示しできたと感じており、大変有意義だと思っています。
 昨年は、報告にもありましたとおり、治安の向上には一定の成果を挙げたと思いますので、この流れを大切にしていきたいと思います。しかしながら、各部門とも取り組むべき課題が多数ありますので、現状に慢心することなく、より一層努力してまいりたいと思います。まずは、警戒警ら、職務質問、交通取締り等の地道な活動に真摯に取り組み、地域社会、関係機関・団体と一体となった諸対策を推進していくことで、「石川県の治安の更なる高み」を目指してまいりたいと考えております。
 委員の皆様には引き続き御指導をよろしくお願いいたします。

 


〇 個別案件

 個別案件はありませんでした。

戻る

ページの先頭へ