トップページ > 石川県公安委員会 > 定例会議の開催状況 > 公安委員会定例会議 6月28日(木)

公安委員会定例会議 6月28日(木)

石川県公安委員会 定例会議の開催状況

開催日 平成30年6月28日(木) 

1 決裁了承案件

(1) 交通規制の実施について
  一般交通規制(信号機の新設等30件)の実施について説明があり、原案どおり決定しました。

(2) 交通関係行政処分「意見の聴取」及び「聴聞」の結果について
 運転免許の行政処分に係る「意見の聴取」及び「聴聞」の結果について説明があり、交通違反等6件の事案に対する行政処分(免許取消し)を決定しました。

2 報告案件

(北村委員長)
 今日は、公安委員会に先立ち、留置施設視察委員会委員の任命式が行われ、4人の方に就任していただきました。委員には県内の留置施設を見ていただき、被留置者との面接等を通じて、いろいろな御意見を頂き、留置施設の運営の改善を進めてまいるということです。4人の方には、大変お忙しいところ就任していただき感謝を申し上げます。


(1) 石川県議会の開催状況について

 平成30年第3回石川県議会定例会(予算委員会)における警察関係の質問等について報告がなされました。

(2) 石川県議会(商工観光公安委員会)の開催状況について
 6月18日に開催された商工観光公安委員会における警察関係の質問等について報告がなされました。

(田谷委員)
 SNSでの児童被害というのは増えてきていると思いますが、どのような対策をされていますか。

(生活安全部長)
 全国的にはSNSでの被害が、昨年過去最高を記録しました。当県では、数年前に過去最高を記録しており、全体として増加傾向にあります。警察と教育委員会でお互いに情報交換しながら、ネット上の書き込みをチェックしたり、フィルタリング使用の重要性について広報啓発を行っています。

(北村委員長)
 雪害対策について質問があったとのことですが、今年は特に福井県で大きな被害となり、早めのチェーン規制の実施等、対策がいくつか出されていたと思います。同じように県内でも、対策を検討しているのですか。

(交通部長)
 福井県及び国交省の地方整備局と合同で対策を練っている途中です。国の方でも対策を練っておりますので、県内においても、今年の冬に向け関係機関と対策を協議しているところであります。

(徳力委員)
 高齢者の万引きというのは、認知症によるものもあると思いますし、年金を減らしたくないという理由から万引きをする人が多いというのも聞いたことがあります。実際はどのような状況なのでしょうか。

(刑事部長)
 県内では、明確な目的もなく、対象物自体を欲しいということで犯行に及ぶ「所有・消費目的」によるものが約5割、自己又は生計を一にする家族の生活困窮から犯行に及ぶ「生活困窮」によるものが約3割という状況です。

(3) 平成30年度警察官A採用候補者試験の募集結果等について
 平成30年度警察官A採用候補者試験の募集結果等について報告がなされました。

(田谷委員)
 警察官Bの最終合格発表は11月中旬ということですが、遅くはないですか。

(警務部長)
 民間企業の募集時期等とのバランスはあろうかと思います。警察官A試験ののちに、警察官B試験を行う形となっております。

(4) 平成30年度捜査用似顔絵講習会の開催について
 平成30年度捜査用似顔絵講習会の開催について報告がなされました。

(
徳力委員)
 私の知り合いの風景画を描く画家の方が言うには、似顔絵を描くのは画家の基本であり、毎日必ず一番最初に自分の顔を描いているということです。似顔絵捜査官の方は、日頃から訓練をされているのですか。

(刑事部長)
 それぞれ似顔絵捜査官としての意識を持って取り組んでいます。刑事部門の者だけでなく、他の部門の者も似顔絵捜査官として活躍しています。

(5) 歩行者保護に向けた総合対策について
 歩行者保護に向けた総合対策について報告がなされました。

(北村委員長)
 運転者にも歩行者にも啓発しなければなりませんが、特に高齢の歩行者に対する啓発が大事だと思います。

(交通部長)
 現在、歩行者用シミュレーターを使用し、どういう横断方法が危ないかを体感できる体験型講習会を実施しています。また、歩行が遅い方については、実際の道路において青信号の途中で横断を始めると渡りきれないという方も見受けられますので、次の青信号まで待ってもらうように指導しています。

(田谷委員)
 車両のハイビームの活用は、歩行者に対する警告にもなって良いと思いますが、対向車が来たときにハイビームのままで走行するのは交通違反になりますか。

(交通部長)
 すれ違い時は下向きということで道交法に定められていますので、対向車に気が付いたら、下向きにしていただきたいと思います。

(6) 平成30年度七尾港テロ対策合同訓練について
 平成30年度七尾港テロ対策合同訓練について報告がなされました。


(田谷委員)
 金沢港でも訓練を行っているとのことですが、訓練内容に違いはあるのですか。

(警備部長)
 参加機関が若干替わりますが、ほぼ同じ訓練を行っています。



〇 公安委員会委員総括コメント

(田谷委員)
 富山県における拳銃強奪事件で警察官1名が殉職され、そのほかにも1名が亡くなられたということで非常に残念に思います。どういう動機か分かりませんが、最近、学校に入り込んで自暴自棄になって犯罪を犯すという事案が増えていますので、このような想定の訓練をしていただきたいと思います。

(徳力委員)
 同じく、富山県の交番襲撃事件についてですが、110番の通報を受けてから15分くらいで教育委員会や各関係機関に連絡をしたが、学校側では銃を持っていることは聞いていなかったという新聞記事を見ました。交番が襲撃されたという異常事態ですので、警察から関係機関に連絡をするときには、拳銃を奪われた可能性についても連絡した方がよいと思いました。

(北村委員長)
 交番というのは、地域の皆さんが気軽に来られる場所というのが普通であり、セキュリティチェックというのは難しいことなのかなと思います。今回の事件は、裏口からノックして入ってきたということであり、気軽に来られる場所でありつつ、セキュリティについても検討をしていただきたいと思います。
 また、久安の殺人事件については、昨日で発生から10年を迎えたということですが、10年以上経って解決する事件もあるようですので、是非、粘り強い捜査をしていただきたいと思います。
 

     

〇 警察本部長総括コメント

(警察本部長)
 富山の交番襲撃事件の発生を受けまして、現場の警察官に対しては警戒態勢の強化や装備資機材の活用、受傷事故の防止等について指示しているところです。突発的な襲撃事案が全国で相次いでおりますので、訓練を通じた対処能力の向上、不審者等の情報の地域社会や学校等との的確な共有、パトロールの強化を通じて通学路を始めとする地域の安全確保を一層徹底していきたいと考えています。
 久安の殺人事件については、昨日で発生から10年となり、情報提供呼び掛けの車両検問を昨晩行ったところです。委員長からもお話がございましたが、捜査員は犯人検挙への強い信念を持って粘り強く捜査に取り組んでいます。石川県警察としましては、被害者や御遺族の無念を晴らすためにも必ず事件を解決すると決意しておりますので、引き続き御指導をお願いいたします。

 


〇 個別案件

 個別案件はありませんでした。

戻る

ページの先頭へ