トップページ > 石川県公安委員会 > 定例会議の開催状況 > 公安委員会定例会議 10月4日(木)

公安委員会定例会議 10月4日(木)

石川県公安委員会 定例会議の開催状況

開催日 平成30年10月4日(木) 

1 決裁了承案件

(1) 猟銃等所持者に対する行政処分の決定について
 猟銃等所持者に対する行政処分に係る聴聞の結果について説明があり、1件の行政処分(猟銃等の所持許可の取消し)を決定しました。

(2) 風俗環境保全協議会委員の委嘱について
 風俗環境保全協議会委員の委嘱について説明があり、原案どおり決定しました。

(3) 交通規制の実施について
 一般交通規制(信号機の新設等17件)の実施について説明があり、原案どおり決定しました。

(4) 交通関係行政処分「意見の聴取」及び「聴聞」の結果について
 運転免許の行政処分に係る「意見の聴取」及び「聴聞」の結果について説明があり、交通違反等11件の事案に対する行政処分(免許取消し)を決定しました。

(5) 審査請求の受理について
 審査請求の受理について説明があり、了承しました。

2 報告案件

(田谷委員長)
 秋の全国交通安全運動は大きな事故もなく終わりましたし、福井国体に伴う天皇皇后両陛下の警衛警備も無事に終了し、大変お疲れさまでした。今後も、皇太子殿下が全国障害者スポーツ大会御臨席のため県内入りされますので、よろしくお願いします。
 今年は自然災害が非常に多く、警察を始め関係の皆さんに大変な御苦労をかけています。災害の規模や被害がどんどん大きくなってきており、心配しているところです。


(1) 石川県議会の開催状況について

 平成30年第4回石川県議会定例会における警察関係の質問等について報告がなされました。

(2) 石川県議会(商工観光公安委員会)の開催状況について
 9月25日に開催された商工観光公安委員会における警察関係の質問等について報告がなされました。

(田谷委員長)
 富山県、宮城県と交番襲撃事件が続きましたが、耐刃防護衣等の整備費について来年度の予算化を検討しているのですか。

(警務部長)
 本年度当初予算におきましても、受傷事故防止用資機材整備費として約255万円を措置しており、来年度についても要求してまいりたいと思います。

(田谷委員長)
 だまされた振り作戦でも何人か逮捕していますし、特殊詐欺の阻止率が70.4パーセントというのは、全国的に見ても良いのではありませんか。

(刑事部長)
 逮捕については、9月25日現在で実行犯20人を逮捕しており、昨年同期と比べて4人多くなっています。実行犯20人のうち13人をだまされた振り作戦で逮捕しており、被害を食い止めながら逮捕につなげてまいりたいと思います。

(生活安全部長)
 阻止率については、全国平均が約50パーセントであり、当県の阻止率はかなり高い状況です。

(北村委員)
 交通事故発生件数等については、今のところ前年より少ないようですが、一昨日は七尾市内で歩行者が交通事故で亡くなっており、運転者に対してハイビームの有効活用を広く普及させていただきたいと思います。

(3) 平成30年度警察官A採用試験の実施結果及び警察官B採用試験の募集結果等について
 平成30年度警察官A採用試験の実施結果及び警察官B採用試験の募集結果等について報告がなされました。

(田谷委員長)
 採用募集活動は毎年大変ですが、景気の良い中、よく頑張っていると思います。

(4) 能美警察署庁舎の竣工について
 能美警察署庁舎の竣工について報告がなされました。

(北村委員)
 能美警察署のほかに建て替え等を検討しなければならない古い警察署はあるのですか。

(警務部長)
 昭和51年に建設された七尾警察署が次に古く、今後検討してまいりたいと思います。

(田谷委員長)
 能美警察署には、災害対策等として最大72時間連続稼働が可能な自家発電と最大3日分の水量を確保する受水槽を設置したとのことですが、太陽光パネルは設置していないのですか。

(警務部首席参事官)
 太陽光パネルには維持管理等、いくつかの課題があると思います。将来的に太陽光パネルを設置するスペースを屋上に確保しています。

(田谷委員長)
 現在の警察署よりも分かりやすい場所になり、訪れるのを楽しみにしています。

(5) 平成30年度サイバーセキュリティコンテストの開催について
 平成30年度サイバーセキュリティコンテストの開催について報告がなされました。

(6) 平成30年暴力団追放石川県民大会の開催について
 平成30年暴力団追放石川県民大会の開催について報告がなされました。 

(田谷委員長)
 県内の暴力団に大きな動きはないですか。

(刑事部長)
 県内の暴力団は10団体約300人と10年前と比べて約3分の1となっています。暴力団対策法及び暴力団排除条例が効果を表しておりますし、検挙についても鋭意取り組み、今年に入って首領クラスを7人逮捕しています。

(7) 平成30年秋の全国交通安全運動の実施結果について
 平成30年秋の全国交通安全運動の実施結果について報告がなされました。

(8) 平成30年度石川県交通安全県民大会の開催について
 平成30年度石川県交通安全県民大会の開催について報告がなされました。


(北村委員)
 秋の全国交通安全運動期間中の事故の減少率は全国と比べても高いですし、これまでの取組がうまく効果を上げているということだと思います。今年の交通事故死者数も昨年より大分少なくなっていますので、このペースを年末まで維持していただければ大変ありがたいと思います。

(田谷委員長)
 交通事故死者数は、統計上、24時間以内に亡くなった人となっていますが、24時間以上経って亡くなった人はどれくらいの割合になるのでしょうか。

(交通部長)
 一律に言えるものではありませんが、過去の統計を見ますと2割程度増加するという統計がございます。

(田谷委員長)
 全国的にもそうですが、県内でも発生件数、死者数ともに減ってきています。道路の整備や車の性能等といった要因もあるでしょうが、警察の行う啓発活動や赤ランプ作戦等の取組の成果であると思います。



〇 公安委員会委員総括コメント

(北村委員)
 大阪の富田林署から逃走していた樋田容疑者が逮捕されたと聞き、大変ほっとしました。1か月半位逃走していたようですが、何とか逮捕されて安心した思いです。逮捕後の報道によると、8月末に高知県内の道の駅で警察官に職務質問を受けていたが、樋田容疑者と気付かなかったということです。自転車の防犯登録番号等を照会していれば、その時点で逮捕につながったのではないかと思いました。
 今後とも、こういった脱走事件が起きないような態勢そのものを再点検することも必要であると思いますのでよろしくお願いします。
 

     

〇 警察本部長総括コメント

(警察本部長)
 先週末は天皇皇后両陛下の福井国体行幸啓に伴う警衛警備がございました。台風接近の影響で還幸啓の御日程が急遽変更になるという状況もありましたが、県民の方々の御理解と御協力を得られまして、無事警備を完遂することができました。改めてお礼申し上げたいと思います。
 今年も残り3か月となりましたが、これまでのところ刑法犯認知件数、交通事故件数・死傷者数とも減少傾向を維持しておりますし、重要犯罪の検挙率も高い水準を保っています。これに慢心することなく、更に安全で安心して暮らせる石川の実現のため、組織一体となって邁進してまいりたいと思いますので、御指導をよろしくお願いいたします。

 


〇 個別案件

(1) 交通死亡事故の発生について
 10月2日に七尾市内で発生した交通死亡事故について報告がなされました。

戻る

ページの先頭へ