トップページ > 石川県公安委員会 > 定例会議の開催状況 > 公安委員会定例会議 5月30日(木)

公安委員会定例会議 5月30日(木)

石川県公安委員会 定例会議の開催状況

開催日 令和元年5月30日(木) 

1 決裁了承案件

(1) 交通規制の実施について
 一般交通規制(信号機の新設等7件)の実施について説明があり、原案どおり決定しました。

(2) 交通関係行政処分「意見の聴取」及び「聴聞」の結果について
 運転免許の行政処分に係る「意見の聴取」及び「聴聞」の結果について説明があり、交通違反等10件の事案に対する行政処分(免許取消し)を決定しました。

(3) 警察職員の援助要求に対する同意について
 大阪府公安委員会からの警察職員の援助要求について説明があり、了承しました。

 

2 報告案件

(田谷委員長)
 昨日、警察功労叙勲の伝達式が行われ、県内では17名の元警察官が受章されました。受章された方々は、退職して10年ほど経っており、現役時代よりも随分穏やかな顔つきで、背筋も幾分丸くなっているような印象を受けました。
 また、その前日に、川崎市でスクールバスを待っていた小学生ら19人が殺傷される事件がありました。容疑者が自殺したため、真偽は分かりませんが、引きこもりが背景にあり、親族から市へ相談がなされていたと聞いています。このような事件があると、類似事件が続いて起こることが多いので、不審者等の情報があれば、市町等への情報提供をしっかり行っていただきたいと思います。

(1) 「春の全国交通安全運動」の実施結果について

 「春の全国交通安全運動」の実施結果について報告がなされました。

(北村委員)
 交通安全運動が終わった途端に、交通死亡事故が増加していますので、引き続き、気を引き締めて交通事故の減少に向けて、絶えず努力していただきたいと思います。

(田谷委員長)
 先ほど、交通死亡事故の報告を受けましたが、交通死亡事故が続くと警報を出すのではなかったですか。

(交通部長)
 一つの警察署管内で7日間に2件の交通死亡事故が発生した場合に警報、ブロック別で7日間に3件で注意報、4件で警報、県下全域では7日間に4件で注意報、5件で警報と基準を設けています。現在のところ、注意報・警報を発令するまでには至っておりません。

(田谷委員長)
 高齢者が当事者となるケースが非常に多いので、注意喚起をお願いします。

(2) 第68回金沢百万石まつりに伴う交通対策について
 第68回金沢百万石まつりに伴う交通対策について報告がなされました。

(北村委員)
 外国人の観客も増えていますので、語学の堪能な方を含めて対応していただければありがたいと思います。毎年のことですが、多くの警察官に出動していただき感謝しています。

(3) 初任科生の近況について
 初任科生の近況について報告がなされました。

(田谷委員長)
 先日行われた県下柔道剣道大会では、警務部・警察学校チームが5連覇したとのことですが、学生は何人出場していたのですか。

(警察学校長)
 柔道が5連覇で、剣道は4連覇です。1チーム5人のうち、ほとんどが学生でした。

(田谷委員長)
 10キロマラソン大会というのはどこを走るのですか。

(警察学校長)
 以前は校外で実施したこともありますが、現在は校内の周回コースで行っています。

(田谷委員長)
 これからまだ入校期間がありますので、しっかり鍛えて第一線へ送り出していただきたいと思います。


 

〇 公安委員会委員総括コメント

(北村委員)
 先週末、東京ではトランプ大統領が来日して大規模な警護が行われました。来月の大阪での警護も大変だろうと思います。今年は警護の回数が大変多いということですので、しっかりお願いしたいと思います。
 

     

〇 警察本部長総括コメント

(警察本部長)
 本日も高齢の方が亡くなる交通死亡事故が連続して発生しています。当県は、交通事故死者数に占める高齢者の割合が非常に高い状況にあります。春の全国交通安全運動が終わったところですが、引き続き、交通指導取締り、安全講習、メディア等を活用した広報啓発等、重層的な取組を通じて、交通事故を1件でも減らしてまいりたいと考えています。

 


〇 個別案件

(1) 交通死亡事故の発生について
 4月28日に羽咋市内で、5月18日に小松市内で、5月26日に高速道路上で発生した交通死亡事故について報告がなされました。

(2) 持続可能な交通安全施設の整備に関する検討について
 持続可能な交通安全施設の整備に関する検討を推進することについて報告がなされました。

戻る

ページの先頭へ