トップページ > 石川県公安委員会 > 定例会議の開催状況 > 公安委員会定例会議 6月27日(木)

公安委員会定例会議 6月27日(木)

石川県公安委員会 定例会議の開催状況

開催日 令和元年6月27日(木) 

1 決裁了承案件

(1) 審査請求に対する裁決書(案)の作成について
 審査請求に対する裁決書(案)について説明があり、原案どおり決定しました。

(2) 交通関係行政処分「意見の聴取」及び「聴聞」の結果について
 運転免許の行政処分に係る「意見の聴取」及び「聴聞」の結果について説明があり、交通違反等11件の事案に対する行政処分(免許取消し)を決定しました。

 

2 報告案件

(田谷委員長)
 明日、明後日とG20大阪サミットが開催されます。石川県警察からも多くの警察官が派遣されていますが、ちょうど梅雨時でもあり、警備が大変ではないかと思っています。無事に終えることを願っています。また、世界を見ますと、紛争もありますし、貿易摩擦が拡大しつつあるということで、今回のサミットでいかに各国首脳が知恵を出して、諸問題をまとめていただけるか期待しているところです。

(1) 石川県議会の開催状況について

 令和元年第3回石川県議会定例会(代表質問・一般質問)における警察関係の質問等について報告がなされました。

(田谷委員長)
 ゾーン30については、実際に運転していて標識を見掛けますが、分かりにくいこともあります。路面の表示もされているのですか。

(交通部長)
 通行車両に対し、視覚的に分かりやすいよう路面にも表示をしております。随時点検を行い、視認しやすい標識・表示となるよう確認してまいります。

(北村委員)
 運転免許の自主返納件数については、今年も増加傾向にあるのですか。

(交通部長)
 65歳以上の方で自主返納をされた方は、5月末現在で1,780人であり、前年同期と比較して226人増加しています。昨年は全体で3,582件であり、これを上回るペースで推移しています。

(徳力委員)
 高齢になると動体視力が落ちると言われますが、トンネルに入ったときに路面が濡れていると、真っ暗になって見えにくくなるとか、真っ暗なトンネルから明るいところに出たときに、物が見えるまでにかなり時間がかかるということもあるそうです。このようなことを、機会あるごとに高齢者の方々に伝えていかなければいけないと思います。

(交通部長)
 高齢者の方には、現在の御自分の状況を確認していただくことが重要であり、高齢者講習の際に視野検査等を行い、その結果を踏まえて個人ごとに説明を行っているところです。

(2) 令和元年度警察官A採用候補者試験の募集結果について
 令和元年度警察官A採用候補者試験の募集結果について報告がなされました。

(田谷委員長)
 申込倍率5.7倍というのは、平成10年度以降で最低ということですが、北陸三県ではどうなのですか。

(警務部長)
 警察官Aについては、富山、福井両県とも今のところ数値が公表されておりませんので、県職員の採用試験について確認しましたところ、富山県では過去10年間で最も少ないということで、警察官についても同じような傾向になっているのではないかと考えられます。他方で福井県では、行政職を見ますとそれほど大きく減少しておらず、警察事務については増加しているという状況であり、警察官に関してもそれほど大きな影響は出ないのではないかと予測されるところです。

(3) 住宅等対象鍵掛け運動の実施について
 住宅等対象鍵掛け運動の実施について報告がなされました。

(北村委員)
 鍵掛けについては、地域によって随分意識差があるのではないですか。

(生活安全部長)
 住宅対象侵入窃盗等の被害状況をみると、無施錠による被害が多く、当県の無施錠率は全国平均を大きく上回っています。能登では発生が少ないものの、無施錠率は県平均を上回っている状況です。今回、新たな取組として住宅等対象鍵掛け運動を実施し、鍵掛け習慣の向上と定着化を図ってまいりたいと考えております。

(田谷委員長)
 どれくらいの方が参加するのですか。

(生活安全部長)
 大規模署ではおおむね20団体、小規模署では10団体で、1団体から5グループ以上参加していただくこととしています。1グループは3人ですので、県内でおおむね3,000人の方に参加していただけるのではと考えています。

(4) 令和元年度捜査用似顔絵講習会の開催について
 令和元年度捜査用似顔絵講習会の開催について報告がなされました。

(5) 第51回交通安全子供自転車石川県大会の開催について
 第51回交通安全子供自転車石川県大会の開催について報告がなされました。

(田谷委員長)
 例年、同じチームが参加しているのですか。

(交通部長)
 交通安全協会の各支部の推薦により参加しており、昨年出場した小学校のチームが出場する場合もあります。支部によっては、別の小学校に依頼しているところもあります。

(徳力委員)
 順位を決める際の、学科テストと実技テストの点数配分はどうなっているのですか。

(交通部長)
 全国大会と同様に学科テスト、実技テストとも600点満点で評価しています。交通規則や道路標識等については、成長してからも覚えているなど、交通安全知識を身に付けるということで重要であると思いますし、実技についても、運転免許を取得するまでは自転車を利用する場合が多いと思いますので、それぞれ重要であると思います。


 

〇 公安委員会委員総括コメント

(北村委員)
 先日、吹田市で警察官が襲われる事件が発生しました。何とか命をとりとめたようであり、よかったなと思います。また、奪われた拳銃で事件が起きずによかったなと思います。富山県での事件もありましたので、このようなことが繰り返されないような対策をよろしくお願いしたいと思います。

(徳力委員)
 早いもので、富山の交番の事件から1年が経ちました。1年経った頃に、大阪でまた警察官が襲われ拳銃を奪われました。防刃チョッキを着ていても横から刺されたということで、どうしたら良いのかと考えています。このようなことが今後も続くと、警察の信用、安全安心が根底から崩れてしまうと思いますので、頼りになる警察、強い警察を全国的に確立していく必要があると思います。
 また、G20大阪サミットの警備が無事に終わることを祈っています。
 

     

〇 警察本部長総括コメント

(警察本部長)
 各委員からもお話がありましたとおり、昨年の富山での交番襲撃事件の後、今年に入っても、吹田で警察官が襲われ拳銃を奪われる事件がありました。当県では、対処能力の向上や勤務員の増員による安全対策の強化等に取り組んでおり、今年度予算で交番への防犯カメラの設置や防護盾・耐刃案内板の整備といった装備面での充実強化も図ることとしています。いずれにしても職員の安全対策を十分に講じた上で、悪に対して毅然と対応できる強い精神力と執行力を維持して、県民の皆様の安全安心を守っていく所存でありますのでよろしくお願いいたします。

 


〇 個別案件

(1) 警察官職務執行法に基づく麻酔銃の使用について
 6月16日及び6月18日に金沢市内の住宅街に熊が出没した事案に際し、警察官職務執行法第4条第1項の規定に基づく警察官の命令により麻酔銃を使用したことについて報告がなされました。

(2) 第55回献血運動推進全国大会警衛警備について
 第55回献血運動推進全国大会警衛警備について報告がなされました。

戻る

ページの先頭へ