トップページ > 石川県公安委員会 > 定例会議の開催状況 > 公安委員会定例会議 1月16日(木)

公安委員会定例会議 1月16日(木)

石川県公安委員会 定例会議の開催状況

開催日 令和2年1月16日(木) 

1 決裁了承案件

(1) 苦情の調査結果について
 公安委員会宛て苦情の調査結果について説明があり、了承しました。

(2) 審査請求に対する裁決書(案)の作成について
 審査請求に対する裁決書(案)について説明があり、原案どおり決定しました。

(3) 風俗営業者に対する聴聞結果について
 風俗営業者に対する聴聞結果について説明があり、1件の行政処分(許可の取消し)を決定しました。

(4) 交通関係行政処分「意見の聴取」及び「聴聞」の結果について
 運転免許の行政処分に係る「意見の聴取」及び「聴聞」の結果について説明があり、交通違反等17件の事案に対する行政処分(免許取消し)を決定しました。

 

2 報告案件

(徳力委員長)
 年が明けてからずっと、かつて経験したことのないような暖かい日が続いています。これだけ気温が高いのは、やはり、温暖化の影響かなと思います。5年前の国連サミットで採択されたSDGsというものがございます。10年後の2030年までの国際開発目標で、気候変動対策等を含む17の目標があり、全ての国が取り組むこととされています。地球の温暖化というものは、ある一線を越えると絶対に元に戻らない状態になると言われています。最近、国はいろいろなところでこれを取り上げており、民間企業でも対策が執られていますので、県警察としても取り組んでいくべきではないかと思っています。

(1) 第29回石川県警察音楽隊定期演奏会「ふれあいコンサート2020」の開催について

 第29回石川県警察音楽隊定期演奏会「ふれあいコンサート2020」の開催について報告がなされました。

(徳力委員長)
 これまで2回鑑賞させていただきましたが、途中に防犯寸劇等もあり、なかなか良いと感じました。

(田谷委員)
 いつも満席になるくらいで素晴らしいと思います。せっかくの広報の機会ですから、子供達や高齢者に対して交通事故防止や特殊詐欺被害防止の呼び掛けをお願いしたいと思います。


(警務部長)
 会場ロビーにおきまして、白バイやミニ白バイの展示に加え、キッズポリスの制服試着や石川被害者サポートセンターと合同で被害者支援に関する広報を行うこととしています。県民の方にいろいろな情報の提供も行っていきたいと考えております。

(2) 初任科長期課程教養の修了について
 初任科長期課程教養の修了について報告がなされました。

(北村委員)
 「オヤジの教養」とは、現職の方が講義をするのですか。

(警察学校長)
 警察本部各部門の熟練の捜査経験者に講義を依頼しており、これまでの経験に基づいた極意や警察人生を歩む上で必要な知識等を教養していただきました。


(田谷委員)
 警察学校の見学に来た小学生に対して、学生が交通安全教室やピュアキッズスクールを行っているということですが、警察学校の見学をされる方はどういう方が多いのですか。

(警察学校長)
 見学の申込受付は各警察署を通じて行っており、交通安全母の会や防犯委員、警察署協議会の方々等が来られています。署の少年補導員の方が来られたときは、少年補導員の方から現場のノウハウを教えていただくなど、学校見学者との交流を行っています。


 

〇 公安委員会委員総括コメント

(田谷委員)
 先ほど近畿中部防衛局の方から防衛白書についてレクチャーを受けました。自衛隊でも採用難でなかなか定員が確保できず、採用年齢の引上げや女性の採用拡大、定年年齢の段階的引上げ等を行っているとのことでした。また、各国は宇宙空間において自国の軍事的優位性を確保するための能力を急速に開発しているという話やサイバー対策についての話も伺いました。
 警察と同様にいろいろな面で苦労されていることを感じました。第一線で働くということでは同じですが、自衛官は外国へ派遣される必要性も出てきておりますし、警察と一緒にできるところは協力していけたらと思っています。

(北村委員)
 防衛省も従来の陸海空から宇宙・サイバー・電磁波という新たな領域の防衛体制をどう構築していくかに苦労されているようです。特に、サイバーについては多数の省庁で対応しており、各省庁単位の対応となっているようですが、それぞれの連携も必要ではないかと思いました。
 また、女性の活用については、防衛省も同じ思いをしているようです。女性自衛官の比率を9パーセント以上とする目標だそうですが、まだまだ少ないようです。そのような中で、女性初の護衛艦艦長や戦闘機パイロットが誕生しているということであり、女性の活躍を更に期待したいと思います。警察も同じ課題だろうと思いますので、女性の活用について更なる推進をしていただきたいと思いました。

(徳力委員長)
 新年になってから交通死亡事故が相次ぎ、死者数は全国的に見ても多い状況となっています。できるだけ赤ランプ作戦を始め、各方面に協力要請をするなど、いろいろな対策を執って、運転者だけではなく歩行者に対する指導啓発をお願いしたいと思います。
 

     

〇 警察本部長総括コメント

(警察本部長)
 本日の御指摘については、警察基盤の充実強化のためには、他の組織を参考にしながら、採り入れるべきは採り入れてということであると思います。そのような気持ちを持って、引き続き組織運営に当たってまいりたいと考えております。
 また、交通死亡事故、その他、いろいろと課題は山積しており、一つ一つ情勢に応じてできることから実施してまいりたいと考えておりますので、引き続きよろしくお願い申し上げます。

 


〇 個別案件

(1) 苦情の取扱い状況について(令和元年12月分)
 令和元年12月中の苦情の取扱い状況について報告がなされました。

(2) 交通死亡事故の発生について
 1月14日に野々市市内で発生した交通死亡事故について報告がなされました。

(3) 聖火リレーへの対応について
 令和2年6月1日及び2日に実施される県内聖火リレーへの対応方針等について報告がなされました。

戻る

ページの先頭へ