トップページ > 石川県公安委員会 > 定例会議の開催状況 > 公安委員会定例会議 1月30日(木)

公安委員会定例会議 1月30日(木)

石川県公安委員会 定例会議の開催状況

開催日 令和2年1月30日(木) 

1 決裁了承案件

(1) 苦情の調査結果について
 公安委員会宛て苦情2件の調査結果について説明があり、了承しました。

(2) 交通関係行政処分「意見の聴取」及び「聴聞」の結果について
 運転免許の行政処分に係る「意見の聴取」及び「聴聞」の結果について説明があり、交通違反等9件の事案に対する行政処分(免許取消し)を決定しました。

 

2 報告案件

(徳力委員長)
 午前中は警察学校初任科第79期長期生の卒業式が行われました。大変若くて元気な方たちで、これからの活躍が楽しみだと感じました。先輩の方々は、自分たちがこうやって来たんだよということを教えるだけではなく、これまでと違って世の中の変化も大きなものが予想されますので、危機管理能力や変化に柔軟に対応する力が身に付くよう指導していただきたいと思います。法令等の知識だけではなく、どのような事態にも対応できる力を持った警察官に育っていただきたいと思います。

(1) 石川県議会(商工観光公安委員会)の開催状況について

 1月15日に開催された商工観光公安委員会における警察関係の質問等について報告がなされました。

(田谷委員)
 「ながら運転」については、既に改正道路交通法が施行されています。「あおり運転」については、どのような改正がされるのですか。

(交通部長)
 開会中の通常国会で審議されるという報道もあり、具体的な改正の内容は、そこで検討されていくと思います。

(田谷委員)
 取り締まる側から言うと、ドライブレコーダー等の映像がないとなかなか難しい部分があるのではないですか。

(交通部長)
 現在も車間距離不保持や急激な進路変更等をあおり運転につながる危険な行為として検挙しており、しっかりと対応してまいりたいと思います。

(徳力委員長)
 110番受理状況については、以前の公安委員会で報告を受けましたが、いたずら電話だけではなく、そもそも警察にかける内容ではない電話の割合も多かったのではないですか。

(生活安全部長)
 「駅の電話番号を教えてほしい」「携帯電話が壊れた」「ケーブルテレビが映らない」といった通報もあります。また、運転免許の更新手続や落とし物の問合せ、交通指導取締り要望等、緊急の対応を要しない110番については、警察安全相談専用電話(#9110)や警察署に連絡するよう教示しています。

(徳力委員長)
 110番は緊急のためのものであることを、まだまだ徹底しなければならないと思います。

(2) 令和元年中における警察安全相談受理状況について
 令和元年中における警察安全相談受理状況について報告がなされました。

(北村委員)
 過去10年の相談受理件数がかなり増加している一方、刑法犯認知件数は減少しています。こういった相談がある程度あった方が治安上は良いということでしょうか。

(警務部長)
 犯罪等被害防止に関する相談が増えており、相談受理時には、被害防止のための防犯指導やパトロール強化等を行っています。因果関係をはっきりと示すものはございませんが、そういった活動の結果、犯罪抑止につながっている部分もあるのではないかと思います。

(北村委員)
 児童虐待については、昨年、全国的に問題となりましたが、そのような相談はどれくらいあるのですか。

(警務部長)
 児童虐待に関する相談については186件で前年から41件増加しております。10年前と比べると、かなり増加している状況です。

(3) ラジオアナウンサーに対する「交通安全コンシェルジュ」の委嘱について
 ラジオ放送局のアナウンサーを「交通安全コンシェルジュ」に委嘱し、効果的かつタイムリーな広報啓発活動を行うことについて報告がなされました。

(北村委員)
 このような施策は初めての試みですか。是非、ハイビームの活用等を上手くアピールして、ドライバーに注意喚起していただけたらありがたいと思います。

(交通部長)
 交通安全情報の発信に特化した取組は初めてであり、県警察から最近の交通事故の傾向や法改正の内容等の情報を定期的に提供し、ラジオ番組の中で時間の許す限り発信していただけたらと考えています。

(徳力委員長)
 今回委嘱するアナウンサーが担当されている番組は、いつ放送されているのですか。

(交通部長)
 エフエム石川の木村雅幸アナウンサーは、毎週月曜から木曜の16時30分から19時まで放送されている「Sunset Express MOVE」という番組等を担当されており、MROラジオの谷川恵一アナウンサーは、毎週火曜から金曜の13時から16時25分まで放送されている「おいねどいね」の火曜担当であり、また、毎週月曜日の21時から21時30分まで「有限会社タニカワ旅行社」という番組も担当されています。


 

〇 公安委員会委員総括コメント

(田谷委員)
 中国の武漢の方から新型コロナウイルスによる感染者が世界各地に広がってきています。日本国内での感染も確認されており、更に広がる可能性があります。小松にも国際空港がありますし、観光客もたくさんおいでますので、皆さんも感染症にかからないように、かかってもすぐに回復するように、体力を付け、生活習慣を見直すなど、予防に努めていただきたいと思います。このウイルスに対する特効薬はまだなく、中国ではワクチンの研究を進めていますが、過去の例を見ても終息するのに数箇月はかかります。経済的にも打撃ですし、観光面でも非常に打撃を受けるのではないかと危惧しています。

(北村委員)
 昨日の北國新聞の朝刊にも載っていましたが、県は、県内の再犯者数を2024年度までに20パーセント以上減少させることを目標とした再犯防止推進計画案をまとめました。2018年の県内の再犯者率は49.5パーセントと、全国平均の48.8パーセントを上回っており、県は民間団体や市町とスクラムを組み防止に取り組むとのことです。県内の刑法犯摘発者数は、近年、減少傾向にありますが、再犯率は全国平均を上回っており、2018年に683人だった再犯者数を2024年度までに540人以下とする目標だそうです。目標達成には、保護司さんや関係団体の御努力にお願いする面が多いと思いますが、県警察も当然関わってくることと思いますので、御協力をお願いします。
 

     

〇 警察本部長総括コメント

(警察本部長)
 今年に入ってから交通死亡事故が多発するなど、県警察は必ずしも順調に推移しているわけではございませんが、一つ一つ課題に対応してまいりたいと考えておりますので、引き続きの御指導をよろしくお願い申し上げます。

 


〇 個別案件

(1) 令和元年中の被疑者取調べ監督の実施状況等について
 令和元年中の被疑者取調べ監督の実施状況等について報告がなされました。

(2) 令和元年度総合監察結果について
 令和元年度総合監察結果について報告がなされました。

(3) 交通死亡事故の発生について
 1月16日に加賀市内で、1月24日に野々市市内で発生した交通死亡事故について報告がなされました。

戻る

ページの先頭へ