小松警察署

警察署協議会開催状況


■ 小松警察署協議会(平成29年度 第2回)


開催年月日
平成29年8月25日(金)
委員出席数
(定数)
11人
(15人)
主な議題
1 管内の治安情勢説明 
2 速度取締りの指針説明
3 委員からの意見・要望等
主な意見・要望等の状況
1 高齢者の交通事故防止対策
  加齢とともに自転車に乗るのも下手になり、危ない運転をしている高齢者を見掛けることもあります。自動車、自転車ともに高齢者への指導等も大切ではないでしょうか。
2 小松市女性協議会のアンケート意見
  額見地区の一部地区でスピードを出す車や信号無視ぎりぎりの運転をする車が多いです。また、近くの死亡事故現場の道路は暗く見通しが悪いです。
措置(説明)状況
1 当署では、自治体、関係機関・団体等と連携し、高齢者の交通事故抑止対策を推進中ですが、高齢者の交通事故死者が依然として高い割合で推移しているほか、全国的にも高齢運転者による重大事故が社会問題となっているなど、交通情勢は大変厳しい状況です。
  高齢者の加齢に伴う身体機能変化が運転行動に及ぼす影響を理解してもらうため、参加・体験・実践型のきめ細やかな交通安全教育や運転免許を必要としなくなった方からの運転免許証の返納促進等の高齢運転者の交通事故防止に取り組んでいます。
  今後も街頭活動をより一層強化し、市民の交通安全意識の高揚と浸透を図ってまいります。
2 当署では、交通事故の抑止に資する交通指導取締りをより一層推進するため、地域の交通実態や交通事故の発生状況等を十分に分析し、取締り時間・場所・体制等の取締り計画を検討した上で、著しい速度超過、交差点関連違反等の交通事故に直結する悪質性・危険性の高い違反及び市民から取締り要望の多い迷惑性の高い違反に重点を置いた指導取締りを推進しています。
  また、パトカーの赤色灯の点灯による警ら等、街頭活動も引き続き強力に推進してまいります。
備 考  新設された「明峰交番」の視察及び若手警察官との意見交換を行いました。

 
 

 
 

 
 

 
 

戻る

ページの先頭へ