小松警察署

警察署協議会開催状況


■ 小松警察署協議会(令和元年度 第2回)


開催年月日
令和元年7月25日(木)
委員出席数
(定数)
13人
(13人)
主な議題
1 管内の治安情勢説明
2 委員からの意見・要望等
3 速度取締り指針説明
主な意見・要望等の状況 1 小松市清六町周辺における交通渋滞対策要望について
2 小松市上牧町地内の交差点における優先関係の明示について
3 小松市内の横断歩道における高齢者対策要望について
措置(説明)状況
1 渋滞対策として、これまでに道路管理者と連携を図りながら清六町東交差点の右折矢印信号の増設や車道の拡幅、周辺道路における車線の増設等を行ってまいりました。
  周辺エリアにおいては、「ゾーン30」という時速30kmの速度規制も近々、開始される見込みとなっており、今後も道路管理者等と連携した交通安全施設の効果的な整備を行うなど、渋滞対策及び交通安全対策に取り組んでまいります。
2 御指摘の交差点を確認したところ、標識と停止線は、しっかりと明示されていましたが、「止まれ」の文字が摩耗して消えかかっており、また、道路の優先関係を明示する中央線標示も摩耗して薄くなっている状況でした。
  「止まれ」の道路表示については、塗り直す手続きを行うとともに、道路管理者に対しては、中央線を従来よりも太く塗り直すとともに、止まれの表示が強調されるような道路表示を行うよう要望いたしました。
3 一般的に、幼児や高齢者が歩く速度は秒速0.8mと言われており、これを参考にし、信号機の秒数設定に際し、歩行者が安全に横断できるよう配慮しています。
  また、市内には、土居原南交差点と若杉北交差点の2か所に、歩行者用の青信号の時間が延長される「高齢者等感応信号機」が設置されております。
備 考  警察本部(通信指令課及び交通管制センター)を視察しました。

 
 

 
 

 
 

 
 

戻る

ページの先頭へ