トップページ > 採用情報 > 業務内容 > 先輩職員のメッセージ<交通部>

先輩職員のメッセージ<交通部>

 交通部は、パトカー・白バイによる街頭活動、悪質・危険ない違反に対する取締り、交通事故の捜査や分析、交通安全教育、信号機や交通標識等の交通安全施設の整備、運転免許の試験・更新等の総合的な交通安全対策を行い、県民の交通安全意識の高揚を図り、交通事故の抑止と、安全で円滑な交通環境の実現を目指しています。



先輩職員のメッセージ

  交通機動隊 平成25年採用 巡査長 大卒

Q 現在の仕事内容を教えてください。
A 交通機動隊に所属し、白バイ隊員として交通指導取締りを行っているほか、マラソンの先導や警衛警備、イベントでの交通安全啓発活動等を行っています。

Q 現在の仕事で心に残っている出来事・エピソードは何ですか。
A 私は体が小さく、大きな白バイを動かすのは大変なのですが、ある時、男性から「白バイ隊員になることを一度は諦めたのですが、お姉さんに勇気をもらい、もう一度目指すことにしました。」と声を掛けられた際は、大変嬉しかったです。

Q 現在の仕事において、どのようなときにやりがいを感じますか。
A 「白バイを見ると安全運転の意識が高まるので絶対事故が減ると思う。だから、いっぱい走って下さい。」という言葉を県民の方から頂いた時は、白バイに乗っている意義を見い出せ、とても嬉しかったことを覚えています。

Q なぜ警察官という仕事を選んだのですか。
A 県民の方を犯罪から守る、交通事故から守る、また、安全で安心な暮らしを守る、いずれにせよ「守る」ということを仕事にできることは素敵だと思い、警察官になりました。

Q 普段どのようなことを心掛けて仕事に励んでいますか。
A 警察官として常に人から見られているという意識を持ち、責任ある行動をとることと、県民の方が警察に求めていることは何かを常に考えながら仕事をするということを心掛けています。

Q どのような警察官を目指していますか。
A 「人は強くなければ生きていけないが、優しくなければ生きている価値はない。」この言葉は、私の座右の銘であり、私が目指すべき警察官の姿です。

Q 警察官という仕事の魅力は何ですか。
A 大変な仕事もありますが、それ以上に自分に返ってくるものが大きいことと、警察はチームで対応するため同じ志や使命感を持った仲間と一緒に助け合いながら仕事ができるところが魅力です。

Q 警察官を目指す受験生にメッセージをお願いします。
A 警察官という仕事は、文章ではとても言い表せない素敵な仕事です。皆さんも是非、警察官となり自分自身でこの仕事の楽しさややりがいを実感してみてください。


  警察署交通課 平成19年採用 巡査部長 大卒

Q 現在の仕事内容を教えてください。
A 交通人身事故やひき逃げ、当て逃げ事故等、重大な交通事故が発生した際、いち早く事故現場に臨場し、事故原因の解明・逃走車両の捜査等を行っています。事故現場にはスリップ痕などの路面痕跡や破損した車両等、どのような交通事故であったかを物語る証拠があふれています。そういった物的証拠をつなぎ合わせ、真の事故原因を解明していきます。また、交通死亡事故の絶無を目指し、日々街頭に出て交通取締りを行っています。

Q 現在の仕事で心に残っている出来事・エピソードは何ですか。
A 所属する警察署管内で起こった死亡ひき逃げ事故捜査が印象に残っています。歩行中の高齢者が自動車にはねられた後死亡し、はねた車は現場から逃走するという凄惨な事故でした。犯人特定のため、現場遺留物の採取活動を行った結果、早期に被疑者を突き止めることができました。事件後、遺族から聴取した際には、お礼の言葉と家族が亡くなった悲しみを伝えられ、このような事故が二度とあってはならないと感じました。

Q 現在の仕事において、どのようなときにやりがいを感じますか。
A 事故現場から逃走した犯人を捜査の結果、突き止め検挙したときです。自分の捜査方針に間違いがなかったと自信になりますし、被害者からの感謝の言葉をいただいたときは頑張ってよかったと思います。

Q なぜ警察官という仕事を選んだのですか。
A 私は大学時代を県外で過ごしましたが、就職先を選ぶにあたって、生まれ育った故郷で仕事をしたい、そして故郷の役に立てる仕事がしたいと思い、警察官を志すことにしました。

Q 普段どのようなことを心掛けて仕事に励んでいますか。
A 交通事故の対応は、事故当事者双方の話をよく聞いた上で、スリップ痕など現場の痕跡に基づき、どちらにどのような事故原因があったのか公正に判断するようにしています。また、当事者には今後同じような事故を起こさないよう適切なアドバイスをするように心掛けています。

Q どのような警察官を目指していますか。
A ひき逃げ事故等の被害者は怪我を負い、さらには犯人が見つかるかも分からない大きな不安を抱えていますので、少しでもその不安を解消できるような、頼られる警察官になりたいです。また、この仕事をしていると、地域の住民は警察官をとても頼りにしており、その働きに期待していることを強く実感します。その期待に応えられる強くたくましい警察官を目指しています。

Q 警察官という仕事の魅力は何ですか。
A 警察の仕事は、自分が頑張れば頑張った分、社会に貢献でき、治安の改善につながります。「石川県の治安を守る」という壮大な目的のために働くことができるのは、警察官という職業ならではの魅力だと思っています。

Q 警察官を目指す受験生にメッセージをお願いします。
A 警察官という仕事は、石川県の治安に直結する他にない仕事で、大きなやりがいを感じることができます。皆さんも培った体力や専門知識を活かし、社会に貢献できる仕事をしてみませんか。

戻る

ページの先頭へ