トップページ > 採用情報 > 業務内容 > 先輩職員のメッセージ<警務部>

先輩職員のメッセージ<警務部>

 警務部は、よりよい警察組織となるために、組織の整備や人事管理、職員の給与、福利厚生、各種教養や訓練、情報管理や予算要求など幅広い業務を担当し、現場で活躍する警察官を支える役割を担っています。
 また、県民の方々の困りごと相談、警察への意見・要望等の受付、犯罪被害に遭われた方への支援のほか、警察音楽隊による広報活動も行っています。



先輩職員のメッセージ

警務課 平成15年採用 警部補 大卒 (現 警察署 警部)

Q 現在の仕事内容を教えてください。
A 私は現在、警務課で警察の業務を効果的に運用するための企画・立案等の業務に携わっています。警察は「男性の職場」というイメージを持たれがちですが、最近では女性の視点や力も求められており、ここ数年で女性警察官の数も増えています。その中で警察の組織をより活性化させるため、男女共に働きやすい職場環境の整備に力を入れているところです。

Q 現在の仕事で心に残っている出来事・エピソードは何ですか。
A 女性職員を始め、全職員が働きやすい職場環境づくりに努めました。警務課は現場の警察官が仕事をしやすいようにバックアップする部署です。警察は男性社会のため女性が働きにくいと思われがちですが、出産や育児だけではなく、介護等様々な背景を持つ職員が働きやすい職場環境を作ることは、警察の組織力を高めることに繋がるため大切だと考えています。

Q なぜ警察官という仕事を選んだのですか。
A もともとは、刑事ドラマで女性刑事が凜々しく事件を解決する姿を見て憧れたことがきっかけです。

Q 普段どのようなことを心掛けて仕事に励んでいますか。
A 自分の仕事が警察の仕事の中でどのような役割を担っているのかを常に意識するようにしています。そうすることにより「誰かのために働いている」という仕事のモチベーションが上がるためです。

Q どのような警察官を目指していますか。
A 県民の皆さんからはもちろんのこと、上司・同僚・部下からも信頼される警察官を目指しています。

Q 警察官という仕事の魅力は何ですか。
A 「治安の担い手」という点だと思います。自分が社会の安全安心の一翼を担っていると思うだけで、この仕事を誇らしく思います。

Q 警察官を目指す受験生にメッセージをお願いします。
A 職業を選択するに当たり一番大切なのは、この仕事をやりたいかどうかだと思います。自分がやりたいと思う仕事であれば、就職活動も頑張れるはずですし、面接のときも自分の思いが伝えらえると思います。警察官への道を目指す方の挑戦を心よりお待ちしています。

戻る

ページの先頭へ