トップページ > 安全な暮らし・防犯対策 > 犯罪抑止対策 > 始めてみませんか?青色防犯パトロール

始めてみませんか?青色防犯パトロール

一般の自動車に回転灯を装備することは法令で禁止されていますが、警察から自主防犯パトロールを適正に行うことがでいるとの証明を受けた団体は、自動車に青色回転灯を装備して防犯パトロールを行うことができます。

申請できる団体

■ 自主防犯パトロールを行う団体であって、次のいずれにも適合していると警察本部長が認めるものです。
  1. 団体が次のいずれか該当すること。
    1 県又は市町
    2 知事、警察本部長・警察署長、市町長から防犯活動の委嘱を受けた団体又は知事等から委嘱を受けた者により構成される団体その他の組織
    3 地域安全活動を目的として設立された公益法人、NPO法人、地方自治法の規定により市町の許可を受けた自治会等
    4 1~3のいずれかから防犯活動の委託を受けた者
  2. 実績・計画に照らし、継続的な自主防犯パトロールの実施が認められること。
  3. 青色防犯パトロール講習を受講していることなど、防犯パトロール中に予想される事案に対し、適切に対応できると認められること。
  4. 青色防犯パトロールを適切な方法により実施することができると認められること。

青色防犯パトロールの方法

  1. 青色回転灯は、自動車の屋根に1個又は1体のみ装備することとし、マグネット等による着脱式も適応します。
  2. 原則として、自主防犯パトロールの実施時以外では、回転灯を点灯させることはできません。
  3. 自動車の車体に団体の名称及び自主防犯パトロール中であることがわかるよう表示しなければなりません。
  4. 使用する回転灯は、光源が点灯するものではなく、回転式の構造でなければなりません。
  5. 回転灯を点灯させて運行する際は、警察本部長から交付された標章を自動車の後方から見えるように掲示しなければなりません。
  6. 青色防犯パトロール実施中は、当該自動車に乗車する方のうち一人以上が警察本部長から交付されたパトロール実施者証を携行しなければなりません。
  7. 原則として、警察本部長に申請したパトロール活動地域以外では、青色回転灯を点灯した運行はできません。
  8. パトロール実施者証の交付を受けた方は、おおむね2年ごとに青色防犯パトロール講習を受講しなければなりません。
いぬわし君 詳しい手続き等は、最寄の警察署へお問い合わせください。

 
 

青色パトロール申請手続きの流れはこちら
青色回転灯装備車の運用状況はこちら(警察庁)


 
 

 
 

青色回転灯を装備するための申請手続きの流れ

 
 
証明申請
パトロール地域を管轄する警察署を通じて警察本部長あてに申請
審査
青色防犯パトロール講習

【申請に必要な書類】
※記載方法等は警察署にお問合せください。

■証明申請書
<添付資料>
 1団体の概要
 2自動車による自主防犯パトロールの概要
 3誓約書
 4自動車検証の写し
 5青色回転灯の取付位置、灯火の概の大きさ
  形状が分かる程度の図面又は写真
 6取り付ける青色回転灯の光度等が分かる資料等

証明書・標章・パトロールの
実施証の交付

【自動車検査証への記入】
自主防犯パトロール車両の使用者は、15日以内に自動車の本拠の位置を管轄する運輸支局等で警察本部長の発行した証明書を呈示し、自動車検査証への記入手続きを行ないます。

※軽自動車の場合、自動車検査証への記載は、自動車の使用の本拠の位置を管轄する軽自動車検査協会

青色防犯パトロールの開始

戻る

ページの先頭へ