トップページ > 安全な暮らし・防犯対策 > サイバー犯罪対策 > 無料通話アプリを安全に使用するために

無料通話アプリを安全に使用するために

音声・ビデオ通話やトークなどの機能を無料で使うことができ、スマートフォンだけでなく、従来型携帯やPCでも利用可能なものもある無料通話アプリ。
特にLINEは若年層の人気を集め、利用者は急増しています。利用者が多いだけに、トラブルや事件も増加しています。

LINEを安全に利用するために以下の3点に注意しましょう。

1 「友だち自動追加」・「友だちへの追加を許可」をOFF
 LINEの特徴のひとつに、自動で友だちを登録する機能があります。
 この仕組みや設定を理解しないまま使い始めると、見知らぬ人が想定外に「友だち」に登録され、トラブルに巻き込まれる可能性もあります。
 利用開始時には、この機能が必要か確認しましょう。

 ※ 「友だち自動追加」がONに設定されていると、自分の利用端末のアドレス帳に登録している人がLINEを利用している場合、自動的に「友だち」リストに追加されます。
 ※ 「友だちへの追加を許可」がONに設定されていると、自分の利用端末に登録していない人でも、相手が自分の情報を登録していれば、相手の「友だち」リストに自動的に追加されます。
 ☆ ON・OFFの変更は、「設定」の「友だち」、あるいは「設定」の「友だち」の「アドレス帳」内にあります。

2 「IDの検索を許可」をOFF
 見知らぬ人からの連絡を防ぐためには、利用開始時にLINE IDを設定しないか、IDを設定している場合は、「IDの検索許可」をOFFにし、LINE IDを検索されない状態に設定することがセキュリティ上有効です。

 ※ 「IDの検索を許可」がONに設定されていると、自分の電話番号やアドレスを知らない人でも、IDでの検索が可能になり、見知らぬ人と「友だち」になる事があります。
 ☆ ON・OFFの変更は、「設定」の「プライバシー管理」内にあります。

3 「ブロック」機能を利用
 LINEは一度登録された「友だち」を削除することはできません。
 もし、特定の人から執拗に連絡されるようであれば、連絡を遮断することができる「ブロック」機能を使いましょう。
 

戻る

ページの先頭へ