トップページ > 安全な暮らし・防犯対策 > 被害者支援 > 関係機関・団体などとの連携

関係機関・団体などとの連携

 犯罪被害者のニーズは、生活上の支援をはじめ、医療・公判に関することなど極めて多岐にわたっています。したがって、警察においてそのすべてに対応することはできず、総合的な犯罪被害者支援を行うためには、司法、行政、医療、報道機関等の犯罪被害者支援に関係する機関・団体などが相互に連携していくことが必要です。

 そのため、警察では、関係機関・団体等との連携の強化に努めています。

主な関係機関・団体

石川被害者等支援連絡協議会

 警察のほか、国、県、市町の行政機関、司法、福祉、医療等の関係機関・団体等により構成される「石川被害者等支援連絡協議会」が設立されています。当協議会では、犯罪被害者のニーズに対応した支援活動を行うため、日頃から連携・協力を図っています。
 また、各警察署を単位とした「被害者支援地域ネットワーク」等も構築されています。

民間被害者支援団体

 警察などの関係機関と連携を図りながら、被害者の精神的被害の回復など被害の軽減に役割を果たす民間被害者支援団体が全国で設立されています。石川県では平成9年3月15日、全国で4番目に「公益社団法人石川被害者サポートセンター(当時「石川被害者相談室」)」が設立され、電話相談や面接相談、裁判所への付添い等(直接支援)を行っています。当センターは、石川県公安委員会から「犯罪被害者等早期援助団体」の指定を受け、犯罪被害の発生直後から被害者やご遺族に積極的にアプローチできる体制を整えているほか、交通事故被害者遺族の自助グループ「でんでん虫の会」の支援も行っています。

(公財)犯罪被害救援基金

(公財)犯罪被害救援基金では、犯罪被害者やその家族を救援するために、
・犯罪被害者遺児に対する奨学金の給与
・生活の指導及び相談事業
・支援金支給事業
などを行っています。

〔事務局〕 (03)5226-1020
〔相談電話〕(03)5226-1021

戻る

ページの先頭へ