石川版ハンドルキーパー運動

石川版ハンドルキーパー運動

 

 飲酒運転は、重大事故に直結する悪質・危険な違反行為であるにもかかわらず、飲酒運転による悲惨な交通事故が後を絶たない状況です。

 「ハンドルキーパー運動」とは、自動車で仲間と飲食店に行く場合に、お酒を飲まない人(ハンドルキーパー)を決め、その人がお酒を飲んだ仲間たちを安全に自宅まで送り届けるという運動です。

 
 

 ハンドルキーパーになった方は、飲酒しないことを示すワッペンやバッチを表示し、周りの人もハンドルキーパーの人にはお酒を勧めないようにして、「飲酒運転をしない・させない」を推進し、飲酒運転の根絶を目指しましょう。

戻る

ページの先頭へ