トップページ > 石川県公安委員会 > 定例会議の開催状況 > 公安委員会定例会議 1月17日(木)

公安委員会定例会議 1月17日(木)

石川県公安委員会 定例会議の開催状況

開催日 平成31年1月17日(木) 

1 決裁了承案件

(1) 保有個人情報開示請求に対する決定及び通知について
 公安委員会宛て保有個人情報の開示請求に対する一部公開決定について説明があり、保有個人情報一部開示決定通知書について、原案どおり決定しました。

(2) 監査の結果報告について
 地方自治法第199条第4項の規定に基づく定期監査の結果について説明があり、了承しました。

(3) 審査請求に対する裁決書(案)の作成について
 審査請求に対する裁決書(案)について説明があり、原案どおり決定しました。

(4) 交通規制の実施について
 一般交通規制(横断歩道の新設等8件)の実施について説明があり、原案どおり決定しました。

(5) 石川県安全運転教習所条例の一部改正について
 石川県安全運転教習所条例の一部改正について説明があり、了承しました。

(6) 石川県警察関係手数料条例の一部改正について
 石川県警察関係手数料条例の一部改正について説明があり、了承しました。

(7) 交通関係行政処分「意見の聴取」の結果について
 運転免許の行政処分に係る「意見の聴取」の結果について説明があり、交通違反9件の事案に対する行政処分(免許取消し)を決定しました。

2 報告案件

(田谷委員長)
 1月10日に新年恒例の年頭視閲式が行われ、皆さん大変お疲れさまでした。整然とした部隊行進、逮捕術訓練の実演、警察音楽隊によるドリル演奏と厳しさの中に華やかさがあり、非常に良かったと思います。
 昨日は、平成最後の歌会始の儀が宮中で行われました。今年の天皇陛下の御製は「贈られしひまはりの種は生え揃い葉を広げゆく初夏の光に」でした。「贈られしひまはりの種」というのは、阪神大震災のときに、被災して亡くなった子供が小鳥の餌にしていたものが、半年後、瓦礫の中で花を咲かせており、その種を受け継ぎ、皇后陛下に贈られたもので、毎年、両陛下が御所で育てられているそうです。天皇皇后両陛下の被災地や被災者に対する温かい気持ちが良く表れていると思います。
 東日本大震災の際には、石川県警察からも多くの警察官が周辺警備のために何回も被災地へ派遣されました。その方々に対しても敬意を表したいと思います。


(1) 石川県議会の開催状況について

 平成30年第5回石川県議会定例会(一般質問・予算委員会)における警察関係の質問等について報告がなされました。

(2) 石川県議会(商工観光公安委員会)の開催状況について
 12月19日に開催された商工観光公安委員会における警察関係の質問等について報告がなされました。

(北村委員)
 最近、北朝鮮の木造船の漂流が多いような報道が出ていますが、実態はどうですか。

(警備部長)
 県警察では、昨年35件の漂着事案を認知しています。平成29年は16件でしたので、倍増している状況です。今年も、昨日現在で8件認知しており、増加傾向にあります。

(徳力委員)
 タイヤチェーン着脱講習会は、どれくらい開催されているのですか。

(交通部長)
 年末の交通安全県民運動における取組の一環として、県内のトラック運転手を対象に行ったのですが、中には、初めてでチェーンの付け方が分からないという方もおり、かなり好評でした。その後もトラック協会で何回か実施されています。

(徳力委員)
 車庫の中で取り外したタイヤを使用して講習したということですが、それでは、実際に雪道でチェーンを付けるのは難しいと思います。

(田谷委員長)
 雪の降り始め頃に、県境付近で運転手に対してチェーンを持っているかを確認したらいいのではないでしょうか。

(徳力委員)
 県議会の質問とは関係ありませんが、先般、香林坊で信号機が3か所止まりました。幸い交通事故はなかったとのことですが、設備の老朽化等もあるでしょうし、しっかりしたメンテナンスを北陸電力に要望すればいかがですか。

(交通部長)
 今回の事案を受け、既に、北陸電力との話し合いを行っております。今回は、電柱の上に取り付けてあるヒューズの不具合により、送電に異常が出てしまったということであり、今後の点検強化と老朽化した設備の取替について依頼したところです。

(田谷委員長)
 暴力団排除条例の改正では、全国初となる工業系用途地域等への規制等を盛り込んだところですが、他県の反応はいかがですか。

(刑事部長)
 他県からの反応は様々ですが、それぞれの県の暴力団情勢により検討されるものであると思います。

(3) 第28回石川県警察定期演奏会「ふれあいコンサート2019」の開催について
 第28回石川県警察定期演奏会「ふれあいコンサート2019」の開催について報告がなされました。


(田谷委員長)
 会場の本多の森ホールは、かなり客席がありますが、駐車場は十分あるのですか。

(警務部長)
 来場者は、基本的に向かいの有料駐車場を利用していただくことになります。

(田谷委員長)
 毎年来られる方もたくさんいらっしゃいますし、構成を考えるのも大変ですね。

(警務部長)
 今回は「平成最後」ということで、日本や平成を感じさせるような選曲をしており、幅広い年齢層の方に楽しんでいただきたいと思っています。


(4) 平成30年度駐在所勤務員夫人永年功労表彰の実施について
 平成30年度駐在所勤務員夫人永年功労表彰の実施について報告がなされました。

(5) 平成30年中の少年非行等の概況について
 平成30年中の少年非行等の概況について報告がなされました。


(徳力委員)
 以前は、自転車をちょっと乗って行って検挙・補導されたというのがよくありましたが、最近は、駐輪場に監視カメラが取り付けられているので、その効果が出ているのではないですか。

(生活安全部長)
 警察官や防犯委員によるパトロールや監視カメラのほか、音声で鍵掛けを促す自動メッセージ装置を取り付けるなどしており、全体的に減ってきています。

(6) 初任科長期課程教養の修了について
 初任科長期課程教養の修了について報告がなされました。

(田谷委員長)
 大卒の方は、職場教養を終えて戻ってきていると思いますが、実務を経験して、警察官としての自信や自覚が増したように思われますか。

(警察学校長)
 大変やる気が見られ、長期生に対して見本になろうという気持ちでいますし、長期生も短期生にいろいろと質問しているようです


〇 公安委員会委員総括コメント

(北村委員)
 昨年は交通事故死者数が過去最少の28人と、大変素晴らしい実績を挙げていただきました。今年は、まだ積雪がないため、交通事故も少ないのだと思いますが、昨年は大雪で大変な思いをし、チェーン規制の啓発やチェーン着脱講習会の開催等、いろいろと取り組んでいただいています。このまま暖冬であればいいと思うとともに、大雪に対する取組が生きてくれればと思います。引き続き交通事故死者がないように御努力をお願いします。

(徳力委員)
 今日はたまたま、阪神淡路大震災から24年目でした。そういうことにも思いをいたしながら取り組んでまいりたいと思います。
 

     

〇 警察本部長総括コメント

(警察本部長)
 少年非行等の概況について報告させていただきましたが、刑法犯少年が減っている一方で、近年、特殊詐欺に荷担させられたり、大麻事犯に手を染めたりして検挙される少年が増えており、社会的な問題ともなっています。今月から少年部門と交通部門とで、県内の高校3年生を対象に非行被害防止教室「巣立ちセミナー」を開始しています。同セミナーでいろいろな講習を実施し、少年の遵法意識、交通安全意識を醸成するとともに、ひいては特殊詐欺事犯、大麻事犯の撲滅に向けて社会全体の安全安心につなげていきたいと考えておりますのでよろしくお願いいたします。

 


〇 個別案件

(1) 苦情の取扱い状況について(平成30年12月分)
 平成30年12月中における苦情の取扱い状況について報告がなされました。

戻る

ページの先頭へ