トップページ > 石川県公安委員会 > 定例会議の開催状況 > 公安委員会定例会議 2月22日(金)

公安委員会定例会議 2月22日(金)

石川県公安委員会 定例会議の開催状況

開催日 平成31年2月22日(金) 

1 決裁了承案件

(1) 苦情の受理について
 公安委員会宛て苦情の受理について説明があり、了承しました。

(2) 監査の結果報告について
 地方自治法第199条第4項の規定に基づく定期監査の結果について説明があり、了承しました。

(3) 石川県暴力団排除条例に基づく勧告の実施について
 石川県暴力団排除条例違反事案について説明があり、勧告の実施を決定しました。

(4) 交通関係行政処分「意見の聴取」及び「聴聞」の結果について
 運転免許の行政処分に係る「意見の聴取」及び「聴聞」の結果について説明があり、交通違反等14件の事案に対する行政処分(免許取消し)を決定しました。

(5) 多衆運動に関する許可について
 多衆運動に関する条例に基づく許可申請について説明があり、許可を決定しました。

2 報告案件

(田谷委員長)
 今日は、現体制で最後の公安委員会となります。昨年は、刑法犯認知件数、特殊詐欺被害、交通事故件数及び死者数ともに減少するなど大変素晴らしい成績を残していただき、我々も感謝しています。
 しかし、高齢者が被害に遭う特殊詐欺が後を絶ちませんし、交通事故死者数に占める高齢者の割合が依然として高い状況にあります。また、全国的には児童虐待というものが顕在化してきており、本県においても注意が必要であると思いますのでよろしくお願いします。

(1) 石川県議会(商工観光公安委員会)の開催状況について

 2月6日に開催された商工観光公安委員会における警察関係の質問等について報告がなされました。

(田谷委員長)
 交番・駐在所の安全対策については、新年度当初予算案に盛り込まれているようですが、具体的にどの程度の予算規模となっているのですか。

(警務部長)
 交番用装備資機材の整備といたしまして221万8千円を計上しており、全64交番に透明防護盾と耐刃案内板を設置する予算について審議をお願いしているところです。

(2) 石川県警察採用アドバイザーの指定等について
 石川県警察採用アドバイザーの指定等について報告がなされました。

(徳力委員)
 採用アドバイザーの指定は平成18年から実施しているということですが、これまでどのような効果がありましたか。

(警務部長)
 就職説明会等への参加や個人の人脈を活用した採用募集活動を行っており、昨年は、採用アドバイザーが受験勧奨した者のうち34人が受験するなど、採用募集窓口として活躍してくれています。

(徳力委員)
 知事部局では、東京都内でIターンの説明会を開催しており、説明会で実際にIターンした人の理由や体験を聞いた人がIターンしているという状況もあります。警察官の説明会でも実施していると思いますが、先輩のいろいろな体験を聞いてもらえば効果があると思います。

(3) 平成31年度警察費実質当初予算の概要について
 平成31年度警察費実質当初予算の概要について報告がなされました。

(北村委員)
 昨年度より人件費が増えた理由は何ですか。

(警務部長)
 職員数に変化はありませんが、全体の若返りにより予算を押し下げる一方、給与改定により給料の引き上げがあったため、全体として1.1パーセントの増となったものです。

(徳力委員)
 金沢中警察署庁舎の大規模改修というのは、現在も実施されていますが、総額でどれくらいとなるのですか。

(警務部長)
 来年度は約3億9,500万円の予算で、中央監視装置や発電設備等の改修を予定しており、現在実施している外壁改修に引き続き実施するものです。

(田谷委員長)
 全交番に防犯カメラを整備するということですが、駐在所についてはどうされるのですか。

(警務部長)
 現在配備している装備資機材を踏まえ、今後検討してまいります。

(4) 平成31年全国優秀警察職員表彰の受賞について
 平成31年全国優秀警察職員表彰の受賞について報告がなされました。

(5) 平成30年中の死体取扱状況について

 平成30年中の死体取扱状況について報告がなされました。


(田谷委員長)
 これから高齢者の死体取扱が増えていくと思いますが、亡くなった方が病院に通院していたことが分かった場合、主治医に来てもらうということもあるのですか。

(刑事部長)
 検視の依頼があった場合、かかりつけの先生から情報をいただきますが、現場には嘱託医の先生に臨場していただきます。病歴と現場の様子、先生の所見等を合わせて犯罪の有無を判断しています。

(北村委員)
 昨年は1,331体の死体取扱のうち、523体もCT検査を実施しているのですね。


(刑事部長)
 CT検査を実施することにより、脳内出血があるなど、ある程度の死因が特定されます。昨年は523体のうち247体、47パーセントの御遺体について死因が特定されています。



〇 公安委員会委員総括コメント

(北村委員)
 先般、県警察と金沢市との間で、児童虐待に関する情報共有の徹底を図る協定が締結されたとお聞きしました。政府は児童相談所の体制を強化すると言っておられますが、しつけか虐待かの判断はなかなか大変であると思います。警察が協力することで、親に働き掛ける力も強くなると思いますので、是非とも連携を強めていっていただきたいと思います。

(徳力委員)
 もうすぐ3月になりますが、4月に新しく小学校に入る子供達の通学路の安全のため、横断歩道等の白線の整備を早めに対応していただきたいと思います。
 

     

〇 警察本部長総括コメント

(警察本部長)
 北村委員からもお話がありましたが、家庭内での虐待で子供達が命を落とすという事案が全国で相次いで確認されているところであり、今週、金沢市との間で児童虐待の情報共有等に関する協定を締結しました。同協定を活用しつつ、警察と児童相談所を始めとする関係機関と連携して、未来を担う子供達を守っていきたいと考えています。
 また、現体制で最後の公安委員会となります。退職される方にあっては、在任中、当県の治安の向上に大いに貢献してくれたと思います。本部長としても改めて感謝の意を表したいと思います。新たな体制におきましても、県警察一丸となって県民の皆様の安全で安心な暮らしを守ってまいりたいと思いますので、引き続き御指導をお願いいたします。

 


〇 個別案件

(1) 損害賠償額決定の知事専決処分について
 県有車両による交通事故に係る損害賠償額決定の知事専決処分について報告がなされました。

(2) 苦情の取扱い状況について(平成31年1月分)
 平成31年1月中の苦情の取扱い状況について報告がなされました。

(3) 交通死亡事故の発生について
 2月10日に白山市内で、2月19日に七尾市内で発生した交通死亡事故について報告がなされました。

戻る

ページの先頭へ