トップページ > 石川県公安委員会 > 定例会議の開催状況 > 公安委員会定例会議 7月4日(木)

公安委員会定例会議 7月4日(木)

石川県公安委員会 定例会議の開催状況

開催日 令和元年7月4日(木) 

1 決裁了承案件

(1) 警察署協議会委員の辞任承認及び委嘱について
 警察署協議会委員の辞任承認及び委嘱について説明があり、原案どおり決定しました。

(2) 交通関係行政処分「意見の聴取」及び「聴聞」の結果について
 運転免許の行政処分に係る「意見の聴取」及び「聴聞」の結果について説明があり、交通違反等13件の事案に対する行政処分(免許取消し)を決定しました。

 

2 報告案件

(田谷委員長)
 梅雨前線の停滞による九州の大雨被害が拡大しつつあります。地球温暖化により気温が上昇して、日本も温帯気候から亜熱帯気候に移りつつあるのではないかと心配しています。5月29日から運用が始まった5段階の大雨洪水警戒レベルの発表は、これまでの警報よりも非常に分かりやすいので、県民の皆様に早く周知されることを願っています。

(1) 石川県議会の開催状況について

 令和元年第3回石川県議会定例会(一般質問・予算委員会)における警察関係の質問等について報告がなされました。

(田谷委員長)
 あおり運転について、ヘリコプターと連携した取締りを行っているということですが、検挙した例はあるのですか。

(交通部長)
 ヘリコプターと連携した取締りでは、いわゆる「あおり運転」としての検挙はありませんが、速度違反等での検挙があります。

(徳力委員)
 ヘリコプターと連携した取締りは年2回程度ということですが、もっと回数を増やせばいいのではないですか。

(交通部長)
 高速隊や交通機動隊等を中心に、随時、パトカー等で車間距離不保持等の取締りを行っています。ヘリコプターと連携した取締りについても積極的に実施してまいりたいと思います。

(2) 石川県議会(商工観光公安委員会)の開催状況について
 6月21日に開催された商工観光公安委員会における警察関係の質問等について報告がなされました。

(北村委員)
 G20大阪サミットの警備は大変御苦労様でした。何かトラブルがあったというような報告はなかったですか。

(警備部長)
 派遣した各部隊とも何の問題もなく、無事に任務を完遂して帰ってまいりました。

(田谷委員長)
 交番襲撃事件等が続けて発生していますが、予算措置として、早く実現してくれるよう県や国に要望する必要はないのですか。

(警務部長)
 これまでも装備資機材の整備等に係る予算要求を行ってきたところであり、今年度予算では、交番用防犯カメラ及び透明防護盾等の整備費が予算措置されています。
 また、交番・駐在所をはじめとした警察施設の現状を確認して、セキュリティ強化に向けた対策を進めており、予算が必要なものが出てくれば予算要求を検討していくことになると思っています。

(徳力委員)
 予算要求するに当たっては、全体でこれだけの対策が必要であるということを、まずまとめる必要があると思います。その上で、今回はこの部分の要求をするというふうに進めればいいのではないでしょうか。

(警務部長)
 交番・駐在所をはじめとした警察施設のセキュリティ強化や業務の合理化等といった大きなテーマを全体で部門横断的に検討する警察運営イノベーション推進委員会を立ち上げたところであり、その下に幹事会及びワーキンググループを設けて交番・駐在所のセキュリティに限らず、もっと広い観点から警察力の強化ということを検討しているところです。その中で、モデルケースとなる取組を各警察署で推進していくことを考えています。

(田谷委員長)
 警察官自身の安全を確保できないと、採用募集活動にも影響を及ぼすと思いますので、絶対大丈夫だというくらいの態勢にしていただきたいと思います。

(3) 令和元年度警察官B採用候補者試験の実施について
 令和元年度警察官B採用候補者試験の実施について報告がなされました。

(田谷委員長)
 例年よりも採用募集活動は早まっているのですか。

(警務部長)
 試験日程を見据えて実施していることから例年並みとなっています。少しでも多くの方に興味を持ってもらえるよう、就職説明会等の内容は工夫しております。

(4) 高校生交通安全フォーラムの開催について
 高校生交通安全フォーラムの開催について報告がなされました。

(北村委員)
 高校生による交通安全自主活動組織というのは、県内全ての高校で立ち上げられているのですか。

(交通部長)
 ヤングイーグル隊という名称で積極的に活動していただいている学校もありますし、生徒会が自主活動組織として交通安全の指導をしていただいている学校もあります。一部結成されていない学校もありますので、結成を働き掛けてまいりたいと思います。

(徳力委員)
 右側通行をしたり、歩道から車道にいきなり出たりなど、決して自転車の交通マナーが良いとは思えませんので、しっかり指導していただきたいと思います。

(交通部長)
 フォーラム参加者には学校に戻ってフィードバックしていただくとともに、各警察署では管内の高校へ出向いて交通安全教室を実施しておりますので、そのような場で指導してまいりたいと思います。

(田谷委員長)
 自主活動組織の活動は、主に交通ルールの遵守等なのですか。例えば、盗難防止のための鍵掛け運動等も行えばよいのではないですか。

(交通部長)
 高校によっては、自主活動組織のメンバーが駐輪場でLOCK(鍵掛け)の呼び掛けをするなど防犯活動もしていただいているところもあります。


 

〇 公安委員会委員総括コメント

(北村委員)
 公安委員会に先立ち、留置施設視察委員会委員の任命式が行われ、4名の方に任命書を交付させていただきました。委員の皆さんには留置施設の視察を通じて実態把握をしていただき、いろいろな面から留置施設の適正運営に向けた御意見をいただきたいと思います。

(徳力委員)
 九州では大雨で大変なことになっていますが、この土日には能登でも大雨で警戒レベル4、全員避難の避難勧告が出ました。実際に避難された方は少なかったようですが、早めの避難行動が重要ですので、住民の皆さんに避難についての意識付けがなされるよう、市町村だけに任せることなく、警察としても一緒になって取り組んでいただきたいと思います。
 

     

〇 警察本部長総括コメント

(警察本部長)
 採用候補者試験についての報告がありましたが、先般の警察官A採用候補者試験では、申込者数が平成10年度以降最少となったものの、一定の競争倍率は確保できたところです。これも各地で行った就職説明会や相談会等といった様々な取組の結果だと考えています。これからも積極的な情報発信を通じて、受験者の確保に努め、幅広い素養を持った人材を発掘し採用していきたいと考えています。

戻る

ページの先頭へ