トップページ > 石川県公安委員会 > 定例会議の開催状況 > 公安委員会定例会議 3月19日(木)

公安委員会定例会議 3月19日(木)

石川県公安委員会 定例会議の開催状況

開催日 令和2年3月19日(木) 

1 決裁了承案件

(1) 警察署協議会委員の辞任承認及び委嘱について
 警察署協議会委員の辞任承認及び委嘱について説明があり、原案どおり決定しました。

(2) 少年指導委員の委嘱について
 少年指導委員の委嘱について説明があり、原案どおり決定しました。

(3) 警察職員等の援助要求について
 福井県公安委員会に対する警察職員等の援助要求について説明があり、了承しました。

(4) 石川県道路交通法施行細則の一部改正について
 石川県道路交通法施行細則の一部改正について説明があり、原案どおり決定しました。

(5) 交通関係行政処分「意見の聴取」及び「聴聞」の結果について
 運転免許の行政処分に係る「意見の聴取」及び「聴聞」の結果について説明があり、交通違反等13件の事案に対する行政処分(免許取消し)を決定しました。

 

2 報告案件

(徳力委員長)
 昨年、千葉県で小学4年生の女児が虐待され死亡した事件の判決が本日、言い渡されました。過去の虐待事件では、10年くらいの求刑のところ18年の求刑がなされ、懲役16年の判決となりました。県警察では、今春の組織改正により、DVやストーカー、児童虐待等への対応を強化するとのことですので、この種事案にしっかり対処していただきたいと思います。
 また、現体制での公安委員会は本日が最後となりました。一年間ありがとうございました。退職される方もおられますが、どちらに行かれても、引き続きよろしくお願いしたいと思います。

(1) 石川県議会の開催状況について
 令和2年第1回石川県議会定例会(一般質問)における警察関係の質問等について報告がなされました。

(田谷委員)
 子供の交通安全対策についてですが、小学生に対する交通安全教室は、どの学年に重点を置いているのですか。

(交通部長)
 各学年に応じた指導を行っており、特に新入学時には、道路の通行方法に慣れていない新入学児童に対する指導を重点的に行っています。県内でも、6歳、7歳、8歳の子供が交通事故に遭う件数が、過去5年でも多い状況であり、今後ともしっかり取り組んでまいりたいと思います。

(北村委員)
 信号機のない横断歩道での一時停止率は長野県が一番高く、半数以上のドライバーが止まってくれるそうです。幼児期からの交通安全教育と、ドライバーの意識によるものだと思います。石川県は全国8位で一時停止率が高い方だということですが、県民全体に交通安全意識が更に徹底されるようお願いしたいと思います。

(交通部長)
 長野県での施策も参考にしながら、引き続き検討してまいります。

(2) 歩行者保護等の交通安全意識浸透に関する覚書締結式の実施について
 歩行者保護等の交通安全意識浸透に関する覚書締結式の実施について報告がなされました。

(田谷委員)
 道路の白線の補修が早くなされるよう、道路管理者への働き掛けをお願いします。また、県内のドライバーは右左折の合図が遅いように思いますので、その点の指導もお願いします。

(交通部長)
 警察が行っている横断歩道の補修については、既に契約事務を完了しており、通学路等を優先的に整備することとしています。引き続き関係機関と連携して横断歩行者の安全確保を図ってまいります。
 また、右左折時の合図については、これまでも「早めの合図30・3運動」に取り組んでおり、引き続き徹底してまいりたいと思います。

(徳力委員長)
 タクシーやトラック等のプロのドライバーが率先して模範運転をしてくだされば、一般ドライバーへの安全意識の高揚に大変効果があるのではないかと思います。

(交通部長)
 各協会を通じまして、交通安全意識の徹底を図ってまいりたいと思います。

(3) 初任科第80期生の入校式について
 初任科第80期生の入校式について報告がなされました。

(田谷委員)
 58名が入校されるということですが、これは当初の予定どおりなのですか。

(警務部長)
 内定を辞退した者がいますので、当初の予定より少なくなっています。

 

〇 公安委員会委員総括コメント

(田谷委員)
 今年度最後の公安委員会となりました。この一年を振り返ってみますと、天皇陛下の御即位に伴う様々な儀式がございましたし、台風や大雨による災害も多かったように思います。警察の皆さんには、大規模警備や災害救助に活躍していただき、ありがたく思っています。今年に入ってからは、新型コロナウイルスの感染拡大があり、皆さん息つく暇もないくらい忙しくされていると思います。国内では比較的上手くウイルスを押さえていると思いますし、今後、薬が出てくれば収束に向かっていくのではないかと思います。次年度はオリンピックが予定されていますが、国内で収束しても、外国からまた入ってくることもありますし、世界全体で収束しなければなかなかできないのではないか、大変難しい問題を抱えているなと思っています。いろいろとありましたが、一年間石川県の治安のために頑張っていただき、本当にありがとうございます。

(北村委員)
 このメンバーで最後の公安委員会となりました。長年警察に勤められ、今回退職される方には、本当に御苦労様でございました。警察OBとなられても、是非いろいろな面でアドバイスを賜れればと思います。今年に入ってから交通死亡事故がちょっと多いものの、県内の治安は維持されていると思います。引き続き勤務される方も、新たな部署で御尽力を賜りたいと思います。一年間、大変御苦労様でした。

(徳力委員長)
 この一年間、本部長の下で先手先手の対応をしていただきました。引き続きよろしくお願いしたいと思います。

 

     

〇 警察本部長総括コメント

(警察本部長)
 今年度最後の公安委員会ということでございまして、各委員には大所高所から、また、ときには厳しく、ときには非常に温かい目線で御指導いただき、本当にありがとうございました。
 次回から新体制となりますが、石川県警察のしなやかさや柔軟さは、新しいメンバーになっても十分発揮されると期待しているところであり、今後とも公安委員会の御指導をしっかりと受け止めて頑張ってまいりたいと思います。引き続きの御指導をよろしくお願いいたします。


 

〇 個別案件

(1) 交通死亡事故の発生について
 3月13日に金沢市内で発生した交通死亡事故について報告がなされました。

戻る

ページの先頭へ