トップページ > 石川県公安委員会 > 定例会議の開催状況 > 公安委員会定例会議 4月16日(木)

公安委員会定例会議 4月16日(木)

石川県公安委員会 定例会議の開催状況

開催日 令和2年4月16日(木) 

1 決裁了承案件

(1) 令和元年度会計監査実施結果報告について
 石川県警察における会計の監査に関する訓令第5条第1項の規定に基づく令和元年度会計監査の実施結果について説明があり、了承しました。

(2) 石川県監査委員監査基準の制定について
 地方自治法第198条の4に基づく石川県監査委員監査基準の制定について説明があり、了承しました。

(3) 地方自治法の規定に基づく補助執行協議における同意書について
 地方自治法第180条の2の規定に基づく事務の委任・補助執行による協議における同意書について説明があり、了承しました。

(4) 「持続可能な交通安全施設等の整備の在り方検討会」の開催結果について
 「持続可能な交通安全施設等の整備の在り方検討会」の開催結果について説明があり、了承しました。

(5) 交通関係行政処分「意見の聴取」及び「聴聞」の結果について
 運転免許の行政処分に係る「意見の聴取」及び「聴聞」の結果について説明があり、交通違反等15件の事案に対する行政処分(免許取消し)を決定しました。

2 報告案件

(徳力委員長)
 新型コロナウイルスの関係ですが、世界的には、依然として毎週数万人ずつ増えてきており、今日現在約200万人となっております。日本でも岩手県以外はすべての都道府県で感染者が確認されており、今週の月曜日には石川県にも緊急事態宣言が出されました。人口比率では、金沢が東京を抜くところまできております。警察の方でもいくつかの県で感染者が確認されているということであり、当県でも新型コロナウイルスの関係で、運転免許証更新等、警察業務への影響が出てきていると聞いております。見えない相手だけに、このままでは医療崩壊、生活や経済の崩壊等ということにつながっていきますので、万全の対策を取っていかなければならないと思っております。よろしくお願いします。

(1) 「令和2年度主要施策の概要」の作成について
 「令和2年度主要施策の概要」の作成について報告がなされました。

(田谷委員)
 重点目標は年当初に出したものですが、特に前年度と変わった点はどこですか。

(警務部長)
 主要施策の内容については、情勢を踏まえて必要な変更が行われておりますが、主要施策の基となる重点目標のうち、前年度から記載が変更されたのは「テロ・大規模災害等緊急事態対策の推進」だけですので、基本的に、全体的な内容が大きく変更されたというわけではありません。

(徳力委員長)
 基本的には、今年度の主要施策の概要を見直すということはないかもしれませんが、不測の事態が生じたときには組織自体を見直して、例えば足りないところを補うようなことをしなければならないということも、頭に置いておいた方が良いのではないかと思います。新型コロナウイルスの関係でも、石川県がどうなっていくかは分かりませんが、今までなかった様々なことが起こってくることを常に考えていかなければならないと思います。また、国から給付金を配布するなどということになると、国から振り込むから口座番号を教えてくださいですとか、クレジットカードの番号を教えてくださいという詐欺も考えられますし、東京にいる息子さんを装って、失業してしまったので生活費を送ってほしいというオレオレ詐欺のようなものが発生することも十分考えられます。テレビ等でも言われていますが、子供が学校に行かずずっと家にいると、いらいらが溜まり、児童虐待も、増えているということもあるなど、いろいろなことが想定されますので、よろしくお願いします。

(北村委員)
 主要施策は毎年そう変わるものではないでしょうが、当面は新型コロナウイルスへの対応が必要で、幸いまだ石川県警察では感染者が出ていませんが、これからもし感染者が出たときに臨機応変にできる体制にはしておいていただきたいと思います。

(田谷委員)
 例えば警察学校の学生あるいは教官が新型コロナウイルスに感染するということは考えられることですので、そういう場合にどうするかなども検討が必要です。また、店舗等が閉鎖状態になったところで盗難事件が起こることも考えられ、巡回等をきちんと行うことをやっていきませんと、人がいないと分かれば堂々と犯罪を犯すということも考えられますので、非常事態ですから、緊張感を持ってやっていただきたいと思います。

(2) 石川県警察障害者活躍推進計画の策定及び公表について
 障害者の雇用の促進に関する法律第7条の3の規定に基づく石川県警察障害者活躍推進計画の策定及び公表について報告がなされました。

(北村委員)
 
雇用率は警察官と事務職を含めたものなのですか。

(警務部首席参事官)
 警察官は法定雇用の対象外です。

(田谷委員)
 障害者でも知的障害と身体障害の2つに大別すると、それぞれでできる職が限られる可能性があります。県警では主にどういう仕事に就いていますか。

(警務部長)
 事務的な業務等に就いております。

(田谷委員)
 カウントの仕方は、例えば障害者については週5日出られないということもありますが、週5日の人のみなのか、パートの人もカウントされるのですか。

(警務部長)
 正規職員と会計年度任用職員の両方となります。

(田谷委員)
 警察本部の場合は事務的な仕事ができると思いますが、警察署で勤務している例もあるのですか。

(警務部長)
 警察署で勤務している者もおります。

(北村委員)
 採用の段階では警察官としての障害者の雇用は全くないのですか。

(警務部長)
 障害者を対象とした採用枠は設けておりません。ただし、警察官として採用された後に、障害を負われるといったケースはあります。

〇 公安委員会委員総括コメント

(田谷委員)
 約100年前にスペイン風邪が流行し、1910年頃、第一次世界大戦があった頃ですが、全世界で大変多くの方が亡くなったと書物に書かれており、完全に終息するのに3年かかったと言われております。現在の新型コロナウイルスの感染については、もう既に全世界で10万人が亡くなっております。現代の医学は、100年前と比べてかなり進んでおりますが、まだ続くとすると、かなりの増加が予測されます。既に東京では医療現場が厳しい状態になり、ホテルを転用するなど、いろいろな工夫がされていますが、新しい効果がある薬やワクチンを作るには半年程度はかかると思われますので、その間、持ちこたえられるのか我々も心配しております。終息には相当の日数がかかるのではないかと思いますが、その中でやはり警察、消防、医療機関に感染が広がりますと市民生活に重大な影響を与えることになります。最後の砦は警察や消防等になると思いますので、皆さんの健康管理をよろしくお願いしたいと思います。

(北村委員)
 今回の新型コロナウイルスに係る世界経済の損失は5兆ドル、約500兆円になるだろうと推計が出ているようです。これはおそらくリーマンショック時の2.5倍になるようです。昭和の大恐慌以来の最大の不況になるのではないかという予測も出ております。私は昭和の大恐慌は分かりませんが、リーマンショックの時は製造業の4割程度が減少し、約2年間苦しみました。今回はその2.5倍となると、どうなってしまうのかと思いますし、期間もどのくらいかかるのか予測がつきません。今は予防していくしかないと思いますし、当面は人命をどう救っていくかということでしょうから、そのためにはなるべく人と接しない、人と会う機会を8割減らす努力が必要だろうと思います。是非、その時々の的確な判断をしていただきながら、対応をしていただけたらと思います。

(徳力委員長)
 万が一、新型コロナウイルスに感染した場合は、抗体ができるように自分の体力を持っていなければならないようですし、抗体以外にもいろいろな要素があるようで、そちらの方も体力次第ということです。日頃からよく栄養と睡眠を取って備えていただくことを、よろしくお願いしたいと思います。

      

〇 警察本部長総括コメント

(警察本部長)
 先生方には、いろいろときめ細かく御指導いただきまして、本当にありがとうございます。現下の情勢では感染リスクをゼロにするのは無理な話でありますけれども、その中におきましても、警察職員が感染をしないように細心の注意を払っていくのはもとより、我々の業務を通じまして、県民の方々に、感染リスクが拡大することがないよう、きめ細かく我々自身が配慮していく必要があると考えております。そういった中で、県警主催の行事の中止でありますとか、個別の業務の在り方、またそれを運営する組織の体制につきましても、見直しを進めているところでございまして、このように不断に見直しを進めてまいりたいと考えております。これが1点目でございます。
 2点目は、毎日、様々なメディアで様々な新型コロナウイルス関連についての報道がされているわけでございますが、情報についての県民の皆さまの感度が上がってきているのではないかというのが私の個人的な感想でございます。そういった中では、我々の身の処し方でありますとか、危機管理の意識でありますとか、個別の情報発信のありようが細かく問われていると考えております。一つ一つの動作でありますとか、情報発信につきましても、感覚を研ぎ澄ませて対応してまいりたいと考えております。

 

〇 個別案件

(1) 春の全国交通安全運動の実施結果について
 令和2年4月6日から4月15日の間実施された春の全国交通安全運動の結果について報告がなされました。

(2) 後部座席のシートベルト装着義務違反について
 道路交通法第71条の3第2項及び同施行令に基づく後部座席のシートベルト装着義務違反について報告がなされました。

(3) オービスの取締り状況等について
 オービスの取締り状況等について報告がなされました。

戻る

ページの先頭へ