トップページ > 石川県公安委員会 > 定例会議の開催状況 > 公安委員会定例会議 7月2日(木)

公安委員会定例会議 7月2日(木)

石川県公安委員会 定例会議の開催状況

開催日 令和2年7月2日(木) 

1 決裁了承案件

(1) 苦情の受理について
 公安委員会宛て苦情の受理について説明があり、了承しました。

(2) 地域交通安全活動推進委員の辞任承認及び新規委嘱について
 地域交通安全活動推進委員の辞任承認及び新規委嘱について説明があり、原案どおり決定しました。

(3) 審査請求の受理について
 審査請求の受理について説明があり、了承しました。

(4)  交通関係行政処分「意見の聴取」及び「聴聞」の結果について
 運転免許の行政処分に係る「意見の聴取」及び「聴聞」の結果について説明があり、交通違反等2件の事案に対する行政処分(免許取消し)を決定しました。

2 報告案件

(徳力委員長)
 
7月に入り暑くなってきましたので、クールビズで会議を行わせていただきます。
 今日のお昼のニュースで、東京で100人を超える方が新型コロナウイルスに感染したと報道されておりました。東京都で一番感染者が多かったのが5月2日の150人だったそうですが、それ以来の100人を超える感染者数ということでございます。他の県でも増え始めておりますし、当初から気を抜くと一か月で元に戻ると言われておりましたが、また振り出しに戻ったような気もしますので、気を引き締めていかなければいけないと思います。
 日銀金沢支店の短観によりますと、先月よりも今月の予想の方が悪化しているとのことです。旅館・観光業界をはじめ、すべての業種でマイナスであると感じているということであり、経済の持ち直しが困難な状況であると思っております。このような状況の中、高齢の女性が5,880万円の特殊詐欺被害に遭われたと聞いております。今後も犯罪防止対策をよろしくお願いします。


(1) 石川県議会の開催状況について
 令和2年第3回石川県議会定例会(代表質問・一般質問)における警察関係の質問等について報告がなされました。

(田谷委員)
 県内の学校が5月末から再開されましたが、再開後に児童生徒が交通事故に遭う件数が増加したということはありませんか。

(交通部長)
 学校が再開されるにあたり、生活安全部と連携し、事前に通学路の安全対策として交差点における警戒を強化するなど、取組を行いました。現在のところ、子供が重大な交通事故に遭ったということはありません。

(徳力委員長)
 あおり運転やながら運転等の取締りを強化していただき、交通事故の減少に努めていただきたいと思います。


(北村委員)
 新型コロナウイルスが県内では落ち着いたところですので、経済の活性化と感染防止を両立しながら、経済活動の活発化に向けた取組をする必要があると感じております。警察においても収束後の活動をしっかりお願いしたいと思います。

(警察本部長)
 新型コロナウイルス収束後の活動につきましては、私共も検討しているところでございます。部外の方の御参加を得る行事につきましても順次再開してまいりたいと考えております。

(田谷委員)
 全国的に高齢運転者が増えていますが、いわゆるサポカー補助金については県の補助金でしょうか、国の補助金でしょうか。

(交通部長)
 以前は県の補助金もありましたが、今回は国による補助金と聞いております。

(2) 令和2年度警察官A採用候補者試験の募集結果について
 令和2年度警察官A採用候補者試験の募集結果について報告がなされました。

(田谷委員)
 申込者が減少傾向にあったところ、今年は増加に転じたということで、我々も嬉しく思っております。新型コロナウイルスの関係で募集活動の発信が難しかった中、ウェブで説明会を開くなど工夫されたことは非常に素晴らしいと思います。

(北村委員)
 大阪会場を増やした効果がかなり出ていると感じます。新型コロナウイルスの関係で民間企業は採用を抑えるだろうと思いますし、その影響で警察への応募が増えている面もあると思います。おそらく優秀な人材が集まると思いますので、適切に選考し、良い人材を採用していただきたいと思います。

(警務部長)
 一人でも多くの警察官としての適性と意欲を有する優秀な人材を採用できるよう取り組んでまいります。

(徳力委員長)
 新卒者からだけではなく、社会人で公務員を受け直したいという方からの申込みもあったのでしょうか。

(警務部長)
 実際に申込みを受けているかどうかは不明ですが、応募できる年齢の上限を引き上げましたので、申し込んでいただいた方の中にはそのような方もおられるのではないかと思います。

(田谷委員)
 女性が警察にかなり魅力を感じているのではないかと思います。女性捜査員が活躍するテレビドラマの影響もあるかもしれませんが、良いことだと思います。現在は公安委員会に参加している幹部は男性だけですが、将来は女性の幹部が参加されるようになるかもしれません。石川県警察における女性の活躍に向けた取組は全国的に見てどのような状況にあるのでしょうか。

(警務部長)
 全国の都道府県警察において警察官に占める女性警察官の割合を平均で約10%とする計画が立てられていたと思います。各都道府県警察における計画の進捗状況は把握しておりませんが、当県警では令和3年度までに女性警察官を全ての警察官の10%を超えるという目標を立て、既に2年前倒しで達成しておりますので、全国的に見て決して遅れている方ではないと思います。また、登用に関して申し上げると、女性警察官の場合、現在は最も階級が高いのが警部ですが、警視昇任試験の対象者もそろそろ出てきますので、今後、警視以上の階級の者が増えていくのではないかと思います。

(3) 七尾警察署庁舎建設工事起工式の実施について
 七尾警察署庁舎建設工事起工式の実施について報告がなされました。

(田谷委員)
 来客者用駐車場は十分なスペースがあると思いますが、職員用駐車場は大丈夫でしょうか。

(警務部長)
 職員用駐車場も十分な広さがあります。


(4) 金沢市北安江地内発生の連続放火事件被疑者の逮捕について
 金沢市北安江地内発生の連続放火事件被疑者の逮捕について報告がなされました。

(田谷委員)
 非常に早期に逮捕され、我々も安心しております。このような犯罪は模倣する人が出る可能性がありますので、引き続き県下全体での警戒をお願いします。

(刑事部長)
 先生御指摘のとおり、模倣犯も考えられますので、しっかりと警戒してまいります。

(5) 非常招集伝達訓練の実施及び「シェイクアウトいしかわ」への参加について
 非常招集伝達訓練の実施及び「シェイクアウトいしかわ」への参加について報告がなされました。

(徳力委員長)
 シェイクアウトの訓練では、机の下にもぐるのでしょうか。

(警備部長)
 デスクで執務中に最も取りやすい行動となりますと、机の下に頭を低くして隠れるということになると思います。棚等の側にいれば、倒れてくるものから離れるなど、自分がいる場所で臨機応変に行動できるようにすることがこの訓練の目的です。

〇 公安委員会委員総括コメント

(田谷委員)
 まだ新型コロナウイルス感染が続く中、国から企業に対する交付金や、個人に対する給付金が行われております。これらによる悪質な詐欺ですとか事件に対して情報を収集し、しっかりと対応していただきたいと思います。

(北村委員)
 先週、久安のアパートでの殺人事件から12年経過したという報道がありました。殺人事件に時効はなくなり、15年以上経過してから被疑者が逮捕された例もあると聞いておりますので、粘り強く捜査を行い、未解決事件の被疑者逮捕に御尽力いただきたいと思います。

〇 警察本部長総括コメント

(警察本部長)
 7月に入り、今年も後半戦に突入したわけでございますが、新型コロナウイルス情勢、交通事故、特殊詐欺等、治安情勢は刻々と変化しておりますので、適切に対応したいと考えております。 一方で先ほど北村先生からお話がありましたが、長期未解決重要事件である久安殺人事件と大聖寺のコンビニエンスストア強盗殺人事件は、県警の最重要課題となっております。捜査員は地道に継続捜査をしておりますし、必ず検挙するという強い思いで今後もしっかりと取り組んでまいります。

 

〇 個別案件

(1) 七尾警察署庁舎建設工事の概要について
 七尾警察署庁舎建設工事の概要について報告がなされました。

(2) 交通死亡事故の発生について
 6月28日に宝達志水町内で発生した交通死亡事故について報告がなされました。

戻る

ページの先頭へ