トップページ > 石川県公安委員会 > 定例会議の開催状況 > 公安委員会定例会議 4月15日(木)

公安委員会定例会議 4月15日(木)

石川県公安委員会 定例会議の開催状況

開催日 令和3年4月15日(木) 

1 決裁了承案件

(1) 苦情の調査結果について
 公安委員会宛て苦情の調査結果について説明があり、了承しました。


(2) 警察署協議会委員の辞任承認及び委嘱について

 警察署協議会委員の辞任承認及び委嘱について説明があり、原案どおり委嘱を決定しました。

(3) 令和2年度行政監査の結果について
 地方自治法第199条第2項の規定に基づく令和2年度行政監査の結果について説明があり、了承しました。

(4) 令和2年度留置施設に対する実地監査の実施結果について
 令和2年度留置施設に対する実地監査の実施結果について説明があり、了承しました。

(5) 令和3年度留置施設に対する実地監査実施計画について
 令和3年度留置施設に対する実地監査実施計画について説明があり、原案どおり決定しました。

(6) 審査請求に対する答申の受理について
 審査請求に対する答申の受理について説明があり、了承しました。


(7) 
交通関係行政処分「意見の聴取」及び「聴聞」の結果について
 運転免許の行政処分に係る「意見の聴取」及び「聴聞」の結果について説明があり、交通違反等10件の事案に対する行政処分(免許取消し)を決定しました。

2 報告案件

(1) 「令和3年度主要施策の概要」の作成について
 
(北村委員長)
 重点目標と施策の目標の中で、令和2年度からの変更点はありますか。

(警務部長)
 昨年は交通死亡事故が増加したことを踏まえ、重点目標を令和2年の「交通死亡事故等の抑止と安全で円滑な交通環境の整備」から「交通死亡事故等の抑止」とし、死亡事故抑止に焦点を絞る目標に見直しをしており、それに基づき、主要施策の見直しも行っております。

(2) ウェブ会議システムの試行運用について
 
(徳力委員)
 このシステムは交番等でも使用することができるのでしょうか。

(警務部長)
 交番につきましては、ネットワークの通信速度の関係から使用できない状況です。

(北村委員長)
 県下署長会議で初めて試行するということですが、その他の会議等での活用も考えているのでしょうか。

(警務部長)
 署長会議の結果を踏まえ、今後、各種会議等での活用を考えております。

(北村委員長)
 効果的な利用ができるよう試行錯誤していただきたい。ウェブ会議で十分な場合はウェブ会議で対応することで、かなり業務の効率化につながると思います。


(3) 令和2年度の情報公開請求及び個人情報開示請求状況について
 
(北村委員長)
 情報公開請求が令和元年度と比較して減少していますが、何か原因はあるのでしょうか。

(警務部長)
 令和元年度に比べ、同一人による情報公開請求が減少したことが原因の一つと考えられます。

(4) 石川県公共交通機関安全対策協議会テロ対処訓練の実施について
 
(北村委員長)
 テロを予測した訓練ということですので、しっかりと実施していただきたいと思います。

〇 公安委員会委員総括コメント

(徳力委員)
 小さい子どもが交通事故の被害に遭うことが多いことから、様々な取組が強化されていると聞いております。小さい子どもについては、保護者と一緒でも飛び出し等の危険がありますので、引き続き安全指導等に力を入れていただきたいと思います。

(東野委員)
 
新型コロナウイルスのワクチン接種を悪用した特殊詐欺があると聞きますので、被害防止に努めていただきたいと思います。

 杉良太郎さんが昨日来県し、テレビで特殊詐欺の防止を呼びかけていましたが、「離れて住んでいる家族がどんな形でも良いから両親に声をかけ、特殊詐欺に遭わないよう、お金の話になったら電話を切るように言うなど、親子の間で日常的なコミュニケーションを保ってほしい。これが非常に予防になる。」とおっしゃっていたことが印象的でした。

(北村委員長)
 昨日、新型コロナウイルスの新規感染が確認された方が4,000人を超えたと報道がありました。石川県ではステージIIの感染拡大警報の状況ということです。この状況を踏まえ、県警察の対応においても一段と気を引き締める必要があると思います。

 

〇 警察本部長総括コメント

(警察本部長)
 新型コロナウイルスに関しまして、全国的にも変異株の感染が拡大するなど、県内の情勢も徐々に緊急度を増している状況であると認識しております。そのような中、東京オリンピックまで100日を切り、聖火リレー対応等、様々な準備を進めていかなければならない時期となってきております。県内においても、6月の百万石祭り等、大きな行事の開催が検討されており、これからが各種警察活動において難しい判断が求められる時期であると考えております。

3 個別案件

 〇 苦情の取扱い状況(令和3年3月分)について


 


 

戻る

ページの先頭へ