トップページ > 石川県公安委員会 > 定例会議の開催状況 > 公安委員会定例会議 6月10日(木)

公安委員会定例会議 6月10日(木)

石川県公安委員会 定例会議の開催状況

開催日 令和3年6月10日(木) 

1 決裁了承案件

(1) 保有個人情報開示請求の受理について
 公安委員会宛ての保有個人情報開示請求の受理について説明があり、了承しました。

(2) 石川県道路交通に関する講習実施規程の一部改正について
 石川県道路交通に関する講習実施規程の一部改正について説明があり、原案どおり決定しました。

(3) 石川県交通安全活動推進センター告示事項変更届の受理について
 石川県交通安全活動推進センター告示事項変更届の受理について説明があり、了承しました。


(4) 
交通関係行政処分「意見の聴取」及び「聴聞」の結果について
 運転免許の行政処分に係る「意見の聴取」及び「聴聞」の結果について説明があり、交通違反等11件の事案に対する行政処分(免許取消し)を決定しました。

(5) 警察職員等の援助要求について
 都道府県警察に対する警察職員等の援助要求について説明があり、了承しました。



2 報告案件

 (1) 令和2年度中の警察署協議会の開催状況について
 
(徳力委員)
 警察署協議会の意義として、いろいろな方々の御意見を聞くということに加え、警察活動の理解を深めるための視察等の取組も非常に効果があると思いますので、是非、充実した協議会とするために今後も工夫していただくようお願いします。

(警務部長)
 引き続き、警察署協議会を通じまして、管内住民の方々の意見等を警察行政に反映していきたいと考えております。

(北村委員長)
 出席した警察署協議会でも活発な意見が出ていました。様々な良い意見を警察に提言する大変良い機会になっていますし、警察署からは特殊詐欺被害防止の方法等を提示するなど、熱心な議論の場になっていると感じます。是非、委員からの良い意見を吸い上げていただくようお願いします。

 (2) 改正ストーカー規制法の概要について
 
(徳力委員)
 住所及び居所が明らかでない場合に、禁止命令等を公示で行うことができるということですが、相手が知らないままでいるおそれがありますので、可能な限り、居所等へ書類を送達できるようにお願いします。

(生活安全部長)
 禁止命令等については、現在、ほとんどの場合は対面で行っておりますが、居所等が明らかでない場合、被疑者が知らないと主張することが考えられるため、公示送達をもって効力が発生していることを法律で担保することが改正の趣旨であります。
 被害者の方を守る取組は引き続きしっかりと行ってまいります。

(北村委員長)
 相手方の承諾なくGPS機器等を取り付けることそのものが規制対象になるということですね。

(生活安全部長)
 昨年、GPS機器等を用いた事案について、法律に明確な規定がなかったことから最高裁で無罪となった事例を受け、警察庁の有識者会議等で最近のストーカー事案の実情等も踏まえて検討し、今回の改正となったものです。

(北村委員長)
 公示送達とはどういうものですか。

(生活安全部長)
 文書を一定期間掲示することで送達されたとみなされるものです。

 (3) 令和3年度「無事故無違反」運動の実施について
 
(北村委員長)
 継続して参加するチームもあるのでしょうか。表彰は単年度で行っているのでしょうか。

(交通部長)
 継続して参加いただいているチームがほとんどとなっております。表彰基準については地区の安全運転管理者協議会で作成していますが、基本的には単年度で達成した方を表彰しております。交通安全に対するモチベーションを持っていただき、参加する方々に加え、家族等に対しても交通安全意識の高揚を図っていけるよう、創意工夫してまいります。

(北村委員長)
 安全運転の意識付けが大事ですから、なるべく多くの方が参加し、達成していただきたいですし、動機付けを高めるように工夫をしていただくようお願いします。

(交通部長)
 情報提供等も含め、働きかけを行ってまいります。



〇 公安委員会委員総括コメント

(東野委員)
 石川県では新型コロナウイルスワクチンの接種率が高くなってきており、一方で、感染確認者数は減ってきております。もう一踏ん張りではないかと思いますので、警察職員の方も感染に気をつけ、頑張っていただきたいと思います。

(北村委員長)
 
おそらく、13日で新型コロナウイルスまん延防止等重点措置が解除になると思われます。飲食店への時短要請がどうなるかなど、経済と感染防止との兼ね合いが難しいと思いますので、注意深く見守っていく必要があると思います。
 暑い時期に入ってきますので、マスクと熱中症の兼ね合いも気にかかるところであり、屋外で活動することが多い警察官の方々には、熱中症への対応も行っていただくようお願いします。
 市町でのワクチン接種に加え、今後は県等での集団接種も行われていくと思われます。可能であれば、一般の方と接する機会が多い警察官の方、特に交番で勤務する警察官の方に対して、なるべく早く接種を受けさせていただけたらと思います。また、ワクチン接種の際には休みを取れるような配慮もお願いしたいと思います。

 

〇 警察本部長総括コメント

(警察本部長)
 北村委員長の御発言にもありましたように、暑い時期を迎えての熱中症対策や、新型コロナウイルスの感染状況、ワクチンの接種状況を十分念頭に置きながら、警察業務を行ってまいりたいと考えております。

3 個別案件

 〇 苦情の取扱い状況(令和3年5月分)について





 

戻る

ページの先頭へ