トップページ > 石川県公安委員会 > 定例会議の開催状況 > 公安委員会定例会議 7月29日(木)

公安委員会定例会議 7月29日(木)

石川県公安委員会 定例会議の開催状況

開催日 令和3年7月29日(木) 

1 決裁了承案件

(1) 苦情の調査結果について
 公安委員会宛て苦情の調査結果について説明があり、了承しました。

(2) 定期監査の実施について
 地方自治法第199条第4項の規定に基づく定期監査の実施について説明があり、了承しました。

(3) 交通関係行政処分「意見の聴取」及び「聴聞」の結果について

 運転免許の行政処分に係る「意見の聴取」及び「聴聞」の結果について説明があり、交通違反等13件の事案に対する行政処分(免許取消し)を決定しました。

(4) 特定秘密の保護措置について
 特定秘密の保護措置について説明があり、了承しました。

(5) 警察職員等の援助要求の同意について
 都道府県警察に対する警察職員等の援助要求について説明があり、了承しました。

(6) 警察用航空機等の援助要求の取下げについて
 都道府県警察に対する警察用航空機等の援助要求の取下げについて説明があり、了承しました。




2 報告案件

(東野委員長)
 この度、公安委員会委員長を拝命いたしました。県民の安全と安心を確保するには、県民と県警察との信頼関係が不可欠であり、これを少しでも強めることができるように、公安委員会委員長として尽力したいと思っております。

 (1) 石川県議会(7/20商工観光公安委員会)の開催状況について

(北村委員)
 千葉県での交通事故を受けて、通学路の見直し等の検討が必要と思いますが、これには学校関係者、道路管理者との連携が必要となりますね。

(交通部長)
 千葉県での交通事故を踏まえ、これまでの観点では十分に把握できなかった危険箇所や、過去に事故に至ることはなかったもののヒヤリとした事例があった箇所等を中心に、学校、教育委員会、道路管理者等と連携して合同点検を実施し、改善を図ってまいります。

(東野委員長)
 歩車分離式信号機の設置率が本年3月末現在で2.5%ということですが、目標値はどの程度なのでしょうか。

(交通部長)
 目標値は設定しておりません。歩車分離式信号機は歩行者が自動車と接しないため、交通事故防止になる反面、自動車側の赤信号が長くなることで生活道路等を抜け道に使うなどといった危険性も考えられるため、道路管理者等と協議しながら設置を進めたいと考えております。

 (2) 石川県警察特定事業主行動計画の令和2年度実施状況について

(北村委員)
 年次有給休暇を年間最低5日取得するという目標について、令和2年度の取得率がまだ100%に達していない要因として、取得しづらい部署があるのではないかと思われますが、それを解消するためにどのような取組を行っていますか。

(警務部長)
 捜査を担当する部署では、事件発生時等に休暇を取得しづらい傾向がありますが、1日ではなく時間単位での取得を勧めたり、組織的に休暇を取得しやすい環境作りに取り組んでおります。

 (3) 令和3年上半期における110番受理状況について
 
(北村委員)
 緊急を要しない110番通報に関してですが、緊急を要しない相談等を受け付ける警察安全相談「#9110」の対応というのは増えているのでしょうか。

(警務部長)
 警察安全相談全体の件数は増加しており、そのうち「#9110」を通じた受理件数も増加しています。

(東野委員長)
 新型コロナウイルス感染拡大による巣ごもり状態になると、家庭内暴力や児童虐待が増えるのではないかと言われておりますので、しっかりとした対応をお願いします。

(生活安全部長)
 昨年と比較して、DVに関しては大幅に増加しておりますので、適切に対応してまいります。

 (4) 少年法の一部を改正する法律の概要について

(東野委員長)
 改正によって、18歳・19歳による犯罪への対応が厳しくなるということでしょうか。
    

(生活安全部長)
 これまでよりも、より重い責任が求められる立場となったと考えております。

 (5) 最近の警備情勢について
 
(東野委員長)
 特別派遣部隊の方におかれては、炎天下の中、またコロナ禍という大変な環境の中での勤務ということで大変危惧しておりますが、今のところ、健康に問題ないと伺い、安堵しております。
    

(徳力委員)
 新型コロナウイルス感染防止等、警備にも気を遣うと思いますが、最後まで任務を全うしていただきたいと思います。

〇 公安委員会委員総括コメント

(北村委員)
 県内における昨日の新型コロナウイルス感染確認者が100人を超え、全国でも9,500人余と、いずれも過去最多ということです。しかしながら、高齢者のワクチン接種が進んでいること等から、高齢者の感染率と重症者の割合が低くなっていることがせめてもの幸いであると思います。何とか医療崩壊につながらないように願っております。

 

〇 警察本部長総括コメント

(警察本部長)
 東野委員長におかれては、今日が初めての公安委員会委員長としての定例会でございましたが、今後ともよろしくお願いいたします。
 現在、新型コロナウイルス情勢や警備情勢等が大変厳しい状況でありますが、県警察一体となり、感染防止に十分注意しながら、各種業務に取り組んでまいりたいと考えております。

3 個別案件

(1) ストーカー行為等の規制等に関する法律に基づく警告及び禁止命令等の実施状況について
 
(2) 交通死亡事故の発生(7/18白山市、7/22野々市市)について
 




 

戻る

ページの先頭へ