トップページ > 石川県公安委員会 > 定例会議の開催状況 > 公安委員会定例会議 5月26日(木)

公安委員会定例会議 5月26日(木)

石川県公安委員会 定例会議の開催状況

開催日 令和4年5月26日(木) 

1 決裁了承案件

(1) 令和4年度留置施設視察委員会委員の人選について
 令和4年度留置施設視察委員会委員の人選について説明があり、原案どおり決定しました。

(2
) 令和4年度留置施設視察委員会委員任命式及び第1回会議の開催について
 令和4年度留置施設視察委員会委員任命式及び第1回会議の開催について説明があり、了承しました。

(3) 警察用航空機等の援助要求について
 警察用航空機等の援助要求について説明があり、了承しました。


(4
) 交通関係行政処分「意見の聴取」及び「聴聞」の結果について
 運転免許の行政処分に係る「意見の聴取」及び「聴聞」の結果について説明があり、交通違反等8件の事案に対する行政処分(免許取消し)を決定しました。


2 報告案件

(東野委員長)
 政府は屋外で一定の距離が取れる場合などにはマスクの着用を不要とすることを決定しました。警察にあっては、要否の判断が難しい面もあると思いますので、場面に応じて適切に対応していただきたいと思います。



(1) 石川県議会(5/17商工観光公安委員会)の開催状況について

(東野委員長)
 高齢運転者の運転免許証更新手続が変更になったことは、広く県民に周知されているのでしょうか。

(交通部長)
 改正道路交通法が令和2年に公布されて以降、各種広報により、県民への周知を図ってきました。また、運転技能検査が必要な方には個別に案内を行っているほか、相談等にも対応しております。

(北村委員)
 事業所における運転前後のアルコールチェックが義務化されたことは良い施策でありますので、周知徹底を図っていただきたいと思います。

(交通部長)
 本年10月以降のアルコール検知器を用いた確認義務化に向け、事業者に対して、早期の機材購入等の諸準備について周知を図ってまいります。

(2) 令和4年度警察費6月補正予算案の概要等について

(北村委員) 
 特殊詐欺被害防止用の自動音声再生機はどのような場所に設置する予定でしょうか。

(生活安全部長) 
 
従業員等が不在のATMに被害者が誘導される傾向にありますので、ショッピングセンター内等のATMを選定して設置する予定です。
 従来はポスターの掲示等、視覚に訴える対策が中心でしたが、今後は音声により聴覚にも訴えかける被害防止対策を積極的に行ってまいります。

(3) 西日本電信電話株式会社との「地域の安全・安心」に関する連携協定の締結について

(東野委員長) 
 「ながら見守り」活動は、具体的にどのように行われているのでしょうか。

(生活安全部長) 
 例えば、事業者であれば、日常の事業活動の中で子供の見守り活動に取り組むもので、子供の犯罪被害の発生が多い下校時間帯を中心に活動していただいております。

(徳力委員) 
 西日本電信電話株式会社以外とも協定を締結しているのでしょうか。

(生活安全部長) 
 保険会社等の営業活動を行っている企業とも締結しております。

(4) 小松空港ハイジャック事件対応訓練の実施について

(東野委員長) 
 有事に備え、しっかりと訓練していただきたいと思います。

 

〇 公安委員会委員総括コメント

(北村委員)
 本日、県議会が開会し、出席しました。新知事となって初めての補正予算案が提出されましたが、知事の発言のとおり、県民一人一人が真の豊かさを実感できる「幸福度日本一」の実現に向けた経済対策がしっかりと行われることを期待しております。

(東野委員長)
 県内では、新型コロナウイルスの感染者が高止まり傾向が続いており、いまだ油断できない状況にあります。警察は社会的責任が重い職種ですので、引き続き油断なく感染防止対策を徹底していただきたいと思います。

〇 警察本部長総括コメント

(警察本部長)
 先日、七尾市で車両の正面衝突により2名の方がお亡くなりになるなど、交通死亡事故が相次いで発生しております。「金沢百万石まつり」の3年ぶり開催予定等、今後は人の流れと共に交通量の増加が予想され、それに伴って交通事故が増加するおそれがあります。本部、警察署が一体となった交通指導取締り及び広報啓発活動や、道路管理者と連携した道路の環境整備の向上を図るなどの交通事故防止対策を徹底してまいりたいと考えております。   
 本日、県議会が開会しました。警察の施策に関し、丁寧な説明を行ってまいりたいと考えております。

3 個別案件

 〇  交通死亡事故の発生(5/22七尾市)について


 
 




 

戻る

ページの先頭へ