トップページ > 石川県公安委員会 > 定例会議の開催状況 > 公安委員会定例会議 6月30日(木)

公安委員会定例会議 6月30日(木)

石川県公安委員会 定例会議の開催状況

開催日 令和4年6月30日(木) 

1 決裁了承案件

(1) 苦情の調査結果について
 公安委員会宛て苦情の調査結果について説明があり、了承しました。

(2
) 警察署協議会委員の委嘱について
 警察署協議会委員の委嘱について説明があり、原案どおり委嘱を決定しました。

(3) 受験資格特例教習の教習課程の指定について
 受験資格特例教習の教習課程の指定について説明があり、原案どおり決定しました。


(4
) 交通関係行政処分「意見の聴取」及び「聴聞」の結果について
 運転免許の行政処分に係る「意見の聴取」及び「聴聞」の結果について説明があり、交通違反等11件の事案に対する行政処分(免許取消し)を決定しました。


2 報告案件

(東野委員長)
 金沢市久安のアパートで男性が殺害されてから14年経過の報道がありましたが、引き続き、事件解決に向けた捜査を徹底していただきたいと思います。

(1) 石川県議会(令和4年第3回定例会)の開催状況について

(東野委員長)
 特殊詐欺について、本年は昨年と比較して件数、被害額とも大幅に増加しているとのことですが、昨年までと異なる特徴はあるのでしょうか。

(刑事部長)
 本年は手口の半数以上が還付金詐欺によるもので、特に60歳代の方の被害が多くなっております。

(東野委員長)
 業種に関わらず、様々な企業等がサイバー犯罪の標的になっていると感じますので、積極的な広報啓発等により注意喚起を行っていただきたいと思います。

(警察本部長)
 サイバー犯罪につきましては、企業の規模や分野ごとに異なった課題があると感じております。そのため、例えば病院、中小企業、金融機関等に対して個別にアプローチを行い、どのような課題に直面しているかを把握し、一緒に対策を考えていけるような官民連携を行っていきたいと考えております。

(北村委員)
 自転車の交通秩序への取組については、特に中学、高校生に対する計画的な交通マナーの指導が重要ではないかと思います。


(交通部長)
 
中学、高校生につきましては、生徒間同士で自転車マナーの指導を行う取組を実施している学校もございます。  
 県警察においては、日頃からの指導に加え、一斉指導取締り期間を設けるなどの取組を行っております。



(2) 石川県議会(6/17商工観光公安委員会)の開催状況について

(東野委員長) 
 電動キックボードによる交通事故の発生はどのような状況でしょうか。

(交通部長)
 
 本年、県内での事故は発生しておりませんが、県外の状況や県内での普及状況等を注視しながら、指導取締りに取り組んでまいります。

(3) 令和4年度警察官A採用候補者試験の募集結果について

(東野委員長)
 
 申込者数、倍率ともに減少傾向にあり、警察官の質が保てるのかが危惧されます。警察学校の初任科生について、そのような変化はありますか。

(警察学校長) 
 警察官になりたいという高い志を持った者が、より採用される傾向にあると感じており、学校生活においても、学生それぞれがしっかりとした意識を持って訓練等に取り組んでおり、質の低下等は全く感じられません。

(北村委員) 
 サイバー部門の強化策として、理工科系出身者の採用が必要であると思います。

(警務部長) 
 
既に工業大学や工学部がある大学に対して、募集活動を実施しております。
 今後は、デジタル系の採用枠を設けるなどの対応を推進してまいります。

(警察本部長) 
 サイバーやデジタル部門の人材獲得が非常に重要でありますので、我々幹部が実際に大学に出向いて警察の魅力を発信するなど、サイバー及びデジタルに特化した人材を確保してまいりたいと考えております。

(4) 新型コロナウイルス感染者留置対応訓練の実施について

(東野委員長) 
 防護服を着用しての留置施設での勤務は負担が大きく大変だということがよく分かりました。実際の対応時に備えて準備していただきたいと思います。

(5) 夏山シーズンに向けた山岳遭難防止対策について

(東野委員長) 
 山岳遭難救助活動を行う隊員の皆さんの御苦労に対し、改めて敬意を表したいと思います。

(徳力委員) 
 登山届けの提出や悪天候時には登山を中止するなどの山岳遭難防止に向けた対策について、広報等によりしっかりと登山者に周知する必要があると思います。

(生活安全部長) 
 関係機関と連携し、広報等による遭難防止対策の周知徹底を図ってまいります。

 

〇 公安委員会委員総括コメント

(北村委員)
 警察官採用募集における理工科系の女性採用においては、女性枠にこだわらないなどの積極的な採用を検討していただければと思います。

(徳力委員)
 少子化に伴い、あらゆる分野で優秀な人材の確保が困難な状況にある中、警察官はやりがいや魅力のある職種であることを積極的に伝えていくことが重要であると思います。

〇 警察本部長総括コメント

(警察本部長)
 人材確保につきましては、委員御意見のとおり、働きたいと思ってもらえる組織風土をしっかりと作り、魅力を発信してまいりたいと考えております。
 金沢市久安の殺人事件につきましては、亡くなった男性や御遺族の無念をはらすためにも、必ず犯人を検挙するという強い気持ちを持って引き続き捜査を尽くしてまいりたいと考えております。
 これからの季節は、酷暑の中での長時間の雑踏警備や交通規制、災害対応等の事案対応に当たり、熱中症防止対策をはじめとした健康管理対策を徹底してまいりたいと考えております。

 
 




 

戻る

ページの先頭へ