トップページ > 石川県公安委員会 > 定例会議の開催状況 > 公安委員会定例会議 8月12日(金)

公安委員会定例会議 8月12日(金)

石川県公安委員会 定例会議の開催状況

開催日 令和4年8月12日(金) 

報告案件

(徳力委員長)
 先日の豪雨による災害救助に携わった職員の方々にあっては、大変御苦労様でした。


(1) 8月4日からの大雨に関する概要と災害警備活動について

(徳力委員長)
 災害発生の際には、関係機関と協議して役割分担を決めるなどの対応を行っているのでしょうか。

(警備部長)
 現場において、消防や自衛隊等の関係機関と協議し、それぞれの特性を活かして効率的に救助活動等を行っております。

(北村委員)
 救命ボートや防水スーツ等の配備状況はどのようになっているのでしょうか。

(警備部長)
 機動隊及び各警察署に配備しております。

(徳力委員長)
 近年は全国的に大雨等による災害が頻繁に発生しており、今後も県内で発生するおそれがありますので、事前準備等、早め早めの対策をしっかりと行っていただきたいと思います。

(警備部長)
 
災害警備活動においては、土砂災害のおそれがある場所やアンダーパス等の事前把握が非常に重要であると考えております。
 今回の災害対応をしっかりと検討し、その反省教訓を今後に活かしてまいります。

(2) 石川県議会(7/26商工観光公安委員会)の開催状況について

(北村委員) 
 安倍元総理大臣の銃撃事件を受けた今後の警護の在り方については、街頭演説場所の選定をはじめ、様々な観点から検討していただきたいと思います。

(警備部長) 
 現在、警察庁で今後の警護警備の在り方についての検討が行われておりますので、その結果を踏まえた上で、速やかに必要な見直しを図ってまいります。


(3) 令和4年上半期における警察安全相談の受理状況について

(北村委員)
 
 相談受理件数が10年前と比較して倍増していますが、相談対応の体制は十分なのでしょうか。

(警務部長) 
 警察本部と各警察署に警察安全相談の専門員を置き、しっかりと対応を行っております。しかしながら、受理件数は増加傾向にありますので、相談業務の効率化や体制の見直しについて、必要に応じて検討してまいります。

(東野委員) 
 電話による受理のうち、「#9110」の利用はどの程度あるのでしょうか。

(警務部長) 
 電話受理全体の約1割となっております。

(徳力委員長) 
 県民の方は警察を頼りにして相談されておりますので、引き続きしっかりと対応していただきたいと思います。

(4) 令和4年「夏の交通安全県民運動」の結果について

(北村委員) 
 自転車用ヘルメットの着用率が低いとのことですが、着用を推奨するためにどのような取組を行うのでしょうか。

(交通部長) 
 高校生以上の方のほとんどが着用していない状況にありますので、学校と連携した取組や自治体への働き掛け、警察職員が率先して着用するなど、今後のヘルメット着用の努力義務化に向けて、着用率向上への様々な取組を実施してまいります。

(徳力委員長) 
 今年、能登地区で死亡事故が多く発生しておりますが、道路が整備されることでスピードが出やすくなり、交通事故が増加している面もあると思われますので、取締り等による事故抑止対策をしっかりと行っていただきたいと思います。

(交通部長) 
 引き続き取締り等をしっかりと行い、交通事故の抑止対策を徹底してまいります。

 

〇 公安委員会委員総括コメント

(北村委員)
 旧盆期間中の人の移動により、新型コロナウイルスの新規感染者がさらに増加するおそれがありますので、職員の方々には引き続き、感染防止対策を徹底していただくとともに、猛暑対策もしっかりと行い、業務に当たっていただきたいと思います。

(東野委員)
 先日の大雨による災害対応に関し、県警察には多方面にわたって御活躍いただき、感謝申し上げます。被害の復旧には時間がかかると思われますので、引き続きしっかりと対応していただきたいと思います。

(徳力委員長)
 新型コロナウイルス感染者が急激な増加傾向にあり、あらゆる年代に感染が広がっておりますので、エッセンシャルワーカーとして引き続き感染防止対策を徹底して業務運営に当たっていただきたいと思います。

〇 警察本部長総括コメント

(警察本部長)
 先日の大雨による災害対応を通じて、災害はいつどこで発生してもおかしくない上に、激甚化する傾向にあることを改めて実感いたしました。引き続き、あらゆる災害を想定した訓練、関係機関との密接な連携、危機管理体制の構築等の事案対処能力の向上に努めてまいりたいと考えております。

 
 




 

戻る

ページの先頭へ