航空隊

航空隊-タイトル

航空隊は、県警ヘリ「いぬわし」により空からの警察活動を行っています。
愛称は、県鳥であるイヌワシにちなんだもので、鋭い眼で空から県民の皆様の安全を守ります。

県警ヘリ「いぬわし」

【主な活動】

○ 事件事故発生時の初動対応
○ 山岳遭難・水難の捜索救助
○ 災害対策、警衛・警護活動
○ 定期的なパトロール

 
 

【県警ヘリ 「いぬわし」の概要】

○ 定員    最大10名
○ 巡航速度 200km/h
○ 主要装備
  • ヘリコプターテレビ中継装置...上空からテレビ撮影し、警察本部に送信します
  • ホイスト装置...遭難者を吊り上げ、機内収容するウインチです
  • 担架装置...患者を空輸することができます
  • サーチライト...夜間の捜索で地上を照らします
ホイスト訓練

戻る

ページの先頭へ