トップページ > 石川県警の紹介 > 山岳遭難救助隊

山岳遭難救助隊

石川県警察山岳遭難救助隊は、山岳地帯における遭難者の救出救助活動、登山者に対する啓蒙活動、行方不明者の捜索活動等を行っています。 また、定期的に訓練を行い、救助技術の向上・体力づくりに励んでいます。

 
 

▲安全な登山のために・・・

登山者は山岳遭難事故防止のために、次のことに注意しましょう。

山岳遭難救助隊1

 
 

山岳遭難救助隊2
  1. 山岳情報の収集
    ・登山は、目的とする山をよく理解することが大切です。
    地図を基本にガイドブックや現地等から事前に山岳情報を収集する。
  2. 登山届(登山計画書)の提出
    ・体力と経験に応じた無理のない計画であるか、パーティ全員で検討する。
    ・登山計画書を家族や職場に知らせ、警察本部(警察署)に提出する。
  3. 携行品のチェック
    ・単独登山はなるべく避けて仲間と登る。
    ・ツェルトや救急用品、非常食等の携行品を準備する。
    ・熊から身を守るために、鈴を身につけましょう。
  4. 通信機器の携行
    ・危急時に確実に連絡を取れる手段を確保するため、無線機や携帯電話等の通信機器を必ず持参する。
  5. 気象情報のチェック
    ・登山に出発する前に、目的とする山域の最新の気象情報を入手しておく。
  6. 発見されやすい工夫を!
    ・ヘリコプターが出動した場合、登山者からヘリコプターが見えても、上空から登山者は見えにくいものです。そのために服装や携行品でちょっとした工夫を。
      例えば、
        ★ 周囲の景色と同系色の着衣は避ける
        ★ レスキューシートなど、光るものがあれば大きく広げる(鏡も効果的)
        ★ ライトがあればヘリに向けて振る、風のない時は木の枝を揺らす等、動きをつける
      等をすると、上空から発見しやすくなります。
    また、ホイッスル等を活用すると、陸上での捜索の際には有効な手段となります。

 
 

(参考資料)
遭難時に、ヘリコプターに送る救助要請サインです。
※遭難時以外には使用しないでください。
(北アルプスを受け持つ県(長野、岐阜、富山)のサインを参考にしています)

ヘリコプターに救助を求めるサイン

救助要請サイン

▲登山届(登山計画書)を提出しましょう

登山計画書(登山届)は、万一遭難した場合、自力で救助が呼べない時の命綱です。捜索に最も役に立つのは、登山届等からの登山ルートの情報です。登山計画書の書式は特に決まっていませんが、

○ 届出者の氏名(団体名)、住所、緊急連絡先
○ 登山日程・ルート、同行者、目的の山域名
○ 携行する装備・通信手段

などを記載して、家族等にコピーを渡して、目的の山域を管轄する警察本部(または警察署)へ届出(持参・郵送・FAX)してください。
▼登山計画書の雛形を掲載していますのでご利用ください。
書式のダウンロード・・・登山計画書(
Word / PDF
)

▼また、Webでの届けでも受け付けております。
Webによる届出・・・・・・登山計画書(Webフォーム) (Webフォーム入力見本はこちら)

 

【問い合わせ、石川県内の登山計画書郵送・FAX先はこちら】
石川県警察本部 生活安全部 地域課
〒920-8553 石川県金沢市鞍月1丁目1番地
TEL 076-225-0110(代表)
FAX 076-266-3144

戻る

ページの先頭へ