トップページ > 手続き・申請 > 運転免許証に関する手続き > 75歳以上の方で一定の違反行為があった場合について

75歳以上の方で一定の違反行為があった場合について

一定の違反行為があった場合

 75歳以上の運転者が認知機能が低下した際に起こしやすいとされる信号無視等の一定の違反行為があった場合には、臨時に認知機能検査を受けなければなりません。
 検査結果が前回の検査結果より、悪化していた場合等には、臨時高齢者講習を受けなければなりません。
 検査結果が前回検査と同じまたは前回より良くなっている場合には運転免許を継続することができます。
 また、検査結果が認知症のおそれがあると判断されると医師の診断書の提出又は臨時適性検査が必要となります。

臨時認知機能検査について

 75歳以上の運転者が認知機能が低下した際に起こしやすいとされた一定の違反行為があった場合には、臨時に認知機能検査を受けなければなりません。
 また、違反行為ばかりでなく、交通事故でも一定の違反行為があった場合には臨時の認知機能検査が必要となります。
 該当した方には公安委員会から通知が行われ、通知を受けてから1月以内に認知機能検査を受けなければなりません。やむを得ない理由なしに認知機能検査を受けない場合には、運転免許の停止や取消しになる場合があります。
 臨時認知機能検査の検査手数料は650円です。

一定の違反行為とは
・信号無視 ・通行禁止違反 ・通行区分違反
・横断等禁止違反 ・進路変更禁止違反 ・しゃ断踏切立ち入り等
・交差点右左折等方法違反 ・指定通行区分違反 ・環状交差点左折等方法違反
・優先道路通行車妨害等 ・交差点優先車妨害 ・環状交差点通行車妨害等
・横断歩道等における横断歩行者妨害 ・横断歩道のない交差点における横断歩行者妨害
・徐行場所違反 ・指定場所一時不停止 ・合図不履行
・安全運転義務違反

臨時高齢者講習について

 臨時の認知機能検査に該当した方で、検査の判定区分が一定の基準に該当した場合には、臨時高齢者講習を受講しなければなりません。
 臨時高齢者講習に該当した方には公安委員会から通知が行われ、通知を受けてから1月以内に臨時高齢者講習を受講しなければなりません。やむを得ない理由なしに受講しない場合には、運転免許の停止や取消しになる場合があります。
 臨時高齢者講習は2時間で、手数料は5,650円です。実施場所は自動車学校・免許センターで行われ講習内容は以下のとおりです。

  ○ 臨時高齢者講習 (2時間) 手数料 5,650円
    実車指導   60分
     コース内を運転してもらい、安全確認の方法や運転の癖について指導します。
    個別指導等  60分
     実車指導時の運転映像(ドライブレコーダ等)をもとに約30分指導します。
     年齢経過による運転への影響のDVDを視聴します。(約30分)

一定の基準とは
  • 臨時の認知機能検査の判定区分が前回検査時より悪化していた場合
     「3」→「2」、「3」→「1」、「2」→「1」
  • 前回の判定区分がない場合は、判定区分が「2」、「1」となった場合
前回の更新時の年齢が75歳未満で今回初めて認知機能検査を受検した方は、前回の判定区分がないことから、記憶力・判断力が少し低下している「2」と記憶力・判断力が低下している「1」となった場合には臨時高齢者講習に該当します。
  • 前回と同じ、前回より良くなった場合には臨時高齢者講習に該当しません。
     「3」→「3」、「2」→「2」、「1」→「1」 (前回と同じ)
     「2」→「3」、「1」→「2」、「1」→「3」 (前回より良くなった)
  • 前回の判定区分がない場合は判定区分が「3」となった場合は臨時高齢者講習に該当しません。

医師の診断書の提出が必要となった場合

 臨時の認知機能検査結果の判定区分「記憶力・判断力が低下している」と判定された方は、認知症に係る医師の診断書の提出又は臨時適性検査の受検が必要となります。

 まず、かかりつけのお医者さんに相談をして下さい。

 かかりつけ医がいない方は総合病院や専門病院へ相談をして下さい。

 診断書の結果から運転に影響を及ぼすような認知症であると判断された場合には、運転免許の取消し処分となります。

 また、6月以内に回復の見込みがある場合には運転免許の停止処分となります。

※注意事項
  • 診断書の提出を命じられた方で診断書の提出に時間がかかりそうな場合(医療機関によっては診断までに時間がかかる場合があります。)で運転免許の有効期限が迫っている場合には運転免許センターにご相談下さい。
  • なお、医療機関を受診される際には事前に電話で問い合わせしてから受診されることをお勧めします。受診日に指定があったり、予約が必要な場合があります。
  • 診断書の提出を命じられた方が通知された期限までに診断書の提出を行わない場合には、運転免許の停止や取消しになる場合があります。
認知機能検査結果の判定区分とは
認知機能検査の点数が76点以上 「記憶力・判断力に心配がない」 区分「3」
    〃     49点から75点の間 「記憶力・判断力が少し低下している」 区分「2」
    〃     48点以下 「記憶力・判断力が低下している」 区分「1」

75歳以上の方で一定違反があった場合の手続きの流れについて

  一定違反があった場合の流れ  一定違反

高齢者運転免許サポートダイヤルについて

高齢運転者の方や、その御家族の方が運転免許について相談するための直通電話です。
年齢による身体機能の変化や理解力・判断力の変化に対する相談等、運転免許に関する相談を受け付けています。

電話番号は 076-238-5428 (通称:四つ葉ダイヤル)です。
   
   月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時までです。
   土曜日、日曜日、祝日はお休みです。

戻る

ページの先頭へ