津幡警察署

警察署協議会開催状況


■ 津幡警察署協議会(平成29年度 第4回)


開催年月日
平成30年3月2日(金)
委員出席数
(定数)
9人
(10人)
主な議題
1 管内の治安情勢説明
2 委員からの意見・要望等
主な意見・要望等の状況
1 犯罪被害に遭わないため、どういうことに気を付ければよいのか。
2 交番・駐在所の統合により、七塚の木津、外日角駐在所がなくなったが、地域の安全はどう守れるのか。
3 初春から晩秋にかけて、競技用自転車が朝晩問わず河北郡内の狭い県道を走っていて危険であり、規制等の対策を検討してもらいたい。
措置(説明)状況
1 窃盗被害に遭われた方のうち、約7割が無施錠、無締りという状況です。窃盗被害の防止には、まず施錠していただくことが大事です。
  子供や女性に危害が及ぶ事案については、茂みに囲まれた場所等「入りやすくて見えにくい場所(犯罪に遭いやすい場所)」に行かないようにしてください。
  高齢者を狙った特殊詐欺の被害については、「振り込まない」「渡さない」「送らない」ということを守っていただきたいと思います。
2 昨年3月に宇野気交番が木津、外日角、横山駐在所と統合されて、24時間体制で複数警察官が充実したパトロールをできることになり、夜間の防犯警戒体制が確立されました。
  旧駐在所については、建物を残して警察官立寄り所とし、交番や機動警ら係等が立ち寄って活用しています。また、立寄り所は地域住民がコミュニティールームとしても活用できます。
  今後は、高齢者、子供、女性を守る安全活動を更に強化し、きめ細やかな警察活動を本署と交番が連絡を密にして実施してまいりますので、駐在所統合について御理解をお願いします。
3 競技用自転車が練習のため公道を利用していることによるトラブルがあることは承知していますので、自転車利用の実態について調査の上、対応してまいります。
  最近では、重大な交通事故に至るケースが散見されており、金沢市においても保険加入が義務化されたり、交通違反の取締り強化が叫ばれているところですので、当署においても違反については厳しく取り締まっていきたいと考えております。
備 考  留置施設の糧食の試食会及び留置業務の概要説明を実施しました。 

 
 

 
 

 
 

 
 

戻る

ページの先頭へ