反射タスキ着用運動

 反射タスキ着用運動

   

 夜間の歩行者事故を防ぐには、歩行者自身の対策も必要です。

 明るい必要で外出することも重要ですが、反射タスキ等の夜光反射材を身に着けることで、ドライバーに対し、より一層自分の存在がアピールでき、事故の防止につながります。

 夜間にヘッドライト(下向き)で照らした場合、ドライバーから確認できる距離は、一般的に黒っぽい色の服装で約26メートル、明るい服装で約38メートルと言われており、その距離では時速約60キロで走行する車は止まることがで出来ず、大変危険です。

 それに対し、反射タスキなどの夜光反射材を着けた場合は、約120メートル先から確認することが出来ます。

 
 

戻る

ページの先頭へ