運転免許証の更新手続き

成26年6月1日からの道路交通法改正により、免許の取得・免許証の更新をしようとする方は質問票に回答し、提出していただくこととなりました。

更新手続きをすることができる期間(更新期間)

 免許証の有効期間が満了する日の直前の誕生日の1ヶ月前から有効期間が満了する日(誕生日の1ヵ月後)までの2ヶ月間

更新手続きに必要なもの

  • 更新手続き時に写真は不要です。
  • 運転免許証更新連絡書(なくされた方、お手元に届いていない方も手続きができます。)
  • 更新手数料 2,500円
  • 講習手数料(講習区分により金額は異なります。下記表のとおり)
  • 視力に不安がある方は、眼鏡等をお持ちください(適性検査に合格しないと更新できません。)。
  • 高齢者講習、特定任意講習を受講された方は講習終了証明書
  • 外国籍の方は、「在留カード」、「特別永住者証明書」又は「旅券」を確認させていただく場合があります。

ICカード運転免許証が発行されます

  • 手続きにはICカード運転免許証用の暗証番号が必要となりますので、あらかじめ暗証番号(4桁の数字を2組)をご準備ください。
  • ICカード運転免許証については、(ICカード運転免許証の導入について)をご覧ください。

住所等の記載事項に変更がある方

  • 氏名または本籍を変更される方は、本籍地記載の住民票(外国籍の方で、住民基本台帳法の適用を受ける方は国籍記載の住民票、住民基本台帳法の適用を受けない方は旅券等)
    ※ 氏名の字画を変更される方も、住民票をお持ちください。
  • 住所を変更される方は、新住所を証明できるもの(住民票(「個人番号」「住民票コード」の記載のないもの)、健康保険証、マイナンバーカード(通知カードは不可)、本人宛の消印の押された郵便物等のいずれか)
    ※ 石川県内の市町村合併に伴い住所や本籍の市町村名が変更となる場合は、住民票等は不要です。ただし、区画整理、旧町名復活による町名、番地の変更については、住民票等の変更内容を確認できるものをお持ちください。

更新期間中に運転免許証を紛失等によりなくされた方(再交付同時更新手続き)

更新できる期間を過ぎた方

  • 運転免許証の有効期間は誕生日の1ヶ月後までとなっております。有効期間を過ぎますと、免許は失効し更新手続きはできません。
    運転免許証の再取得の方法(運転免許証の期限切れ手続き)をご覧ください

その他特別な事情の場合

(期間前更新)

  • 海外渡航や入院、出産などのやむを得ない理由のため、更新期間中に手続きが困難な場合は、更新期間の前でも手続きをすることができます。その場合には、上記の手続きに必要なもののほかに、やむを得ない理由を証明できる書面(◎海外渡航予定の方は、パスポート、船員手帳等のいずれか ◎入院または出産予定の方は、診断書または母子手帳などのいずれか)が必要です。
  • 更新期間内に更新手続きを行う場合と比較して、最長で1年間、有効期間が短くなります。詳しくは運転免許センターへお問い合わせください。

(前回やむを得ない理由のため免許を失効した方へ)

  • 前回やむを得ない理由のため更新手続きができず、免許失効後、6か月以内に免許を再取得した方は、その当時のやむを得ない理由を証明できる書面(パスポート、入院証明書等)を提出していただければ、講習区分や有効期間等が変更となる場合があります。(ただし、再取得の際に関係書類を提出している方及び違反運転者講習該当の方は除きます。)事前に必ず運転免許センターへお問い合わせください。

その他不明な点がある方は、平日の午前8時30分から午後5時の間に運転免許センター
TEL 076-238-5901 免許係へお問い合わせください。

受付時間

希望する手続き場所を選択してください。

※ただし、講習区分や住所によって警察署で手続きできない場合があります。

更新時の有効期間及び講習区分の判定基準

基準期間:更新を迎える年の誕生日の41日前から過去5年間

講習区分 講習時間 帯の色と有効期間 講習手数料 免許の
継続期間
基準期間中の違反等
優良運転者講習 30分 金色 5年 500円 5年以上 無事故無違反の方
一般運転者講習 60分 青色 5年(注) 800円 5年以上 軽微な違反(3点以下)が1回のみの方
違反運転者講習 120分 青色 3年 1,350円 5年以上 違反等(軽微な違反1回を除く)がある方
5年未満
初回更新者講習 120分 青色 3年 1,350円 5年未満 無違反あるいは軽微な違反が1回のみの方
高齢者
講習
- 金色 年齢によって
3~5年
- 免許の継続期間は問わない 無事故無違反の方
青色 違反等がある方
※運転免許証の有効期間の末日で70歳以上の方が該当します。
※高齢者講習については、運転免許証の更新時の高齢者講習をご覧ください。

(注)前回、期限切れ手続きにより免許を再取得した方は、講習区分が一般運転者講習であっても有効期間が3年となることがあります。

持参した写真による運転免許証の作成について

 持参した写真でも免許証を作成できます。 ただし、作成に時間を要するため、免許証の交付時間が遅くなる場合があります(申請用写真として不適当なものは、受理できません。)。

 詳しくは、運転免許センターへお問い合わせください。

(申請用写真の基準)
 申請前6月以内に撮影した無帽、無背景、正面、上三分身の縦の長さ3.0cm、横の長さ2.4cmの写真で、その裏面に氏名及び撮影年月日を記入したもの

 ※ 手数料は、変わりません。

戻る

ページの先頭へ