トップページ > 安全な暮らし・防犯対策 > 少年警察活動 > 少年非行防止・健全育成活動

少年非行防止・健全育成活動

石川県内の各地域において、少年警察ボランティアや大学生ボランティア、地域の方々などと協力しながら、さまざまな活動を行うことで、少年非行防止や健全育成を図っています。

少年と親しく触れあう活動

少年警察ボランティアの方と子どもたちが力を合わせ、「料理教室」や「スポーツ大会」「ヨサコイ」などを通じてふれあいを深めています。こうした活動を通して、子どもたちと「地域」「家庭」とのつながりを強め、社会の一員としての自覚を育てています。

 
 

街頭補導活動

少年警察ボランティアの方々が、定期的な街頭補導や各地区の祭礼等の特別補導を行い、少年の非行や被害の防止に目を配っています。少年警察ボランティアには県警本部長から委嘱された「少年補導員」と県公安委員会から委嘱された「少年指導委員」とがあり、合わせて544人の方々が活動しています。

 
 

非行防止教室

小学生低学年と高学年、中学生を対象に、先生と警察職員がチームティーチングで取り組む児童参加型非行防止教室「ピュアキッズスクール」を実施しています。ほかにも小、中、高校で「薬物乱用防止教室」「非行防止教室」を実施し、少年の規範意識の向上を図っています。

 
 

立ち直り支援活動

問題行動を繰り返す非行少年の立ち直り支援や、犯罪被害を受けた少年の心のケアを、継続的な面接や体験活動を通じて行っています。体験活動は、地域の少年警察ボランティア、大学生ボランティア等と連携しながら、少年たちの新たな「心の拠り所」となる活動を実施しています。

〈活動内容〉農作業体験・学習支援・就労支援・スポーツ活動・物つくり体験・清掃作業・登校支援・社会奉仕活動

☆立ち直り支援大学生ボランティアとして協力してくれる大学を募集しています。

お問い合わせは、少年サポートセンター(076-225-0777)まで。  

戻る

ページの先頭へ