警察災害派遣隊

警察災害派遣隊とは

 従来、警察では、阪神淡路大震災を契機に設置された広域緊急援助隊により、大規模災害発生直後の災害応急対策を想定した部隊編成・運用を行ってきました。
 しかし、平成23年3月11日に発生した東日本大震災では、津波や原子力災害等に対応するため、かつてないほど長期間にわたり大規模な部隊派遣を行いました。
 この経験を踏まえ、大規模災害発生時において直ちに被災地に派遣する部隊を拡充するとともに、長期間にわたって警察活動に当たる部隊を新たに編成し、これらの部隊からなる「警察災害派遣隊」を全国警察に新設して、災害に幅広く対応できる体制を構築しました。 

警察災害派遣隊の編成・任務

 警察災害派遣隊は、大規模災害発生時に直ちに被災地に派遣する「即応部隊」と、発生から一定期間経過後に派遣され、長期間にわたって警察活動を行う「一般部隊」とで編成されています。

    • 即応部隊


      広域緊急援助隊警備部隊

      [主な任務]
       ○ 情報の収集、報告
       ○ 被災者の救出救助、避難誘導
       ○ 行方不明者の捜索

      広域緊急援助隊交通部隊

      [主な任務]
       ○ 緊急交通路の確保
       ○ 緊急通行車両の先導

      広域緊急援助隊刑事部隊

      [主な任務]
       ○ 検視・死体見分
       ○ 身元確認の支援
       ○ 遺族等への安否情報の提供等

      広域警察航空隊

      [主な任務]
       ○ 被災情報の収集、報告
       ○ 被災者の救出救助
       ○ 部隊の輸送
       ○ 救援物資の輸送

      緊急災害警備隊

      [主な任務]
       ○ 被災者の救出救助、避難誘導
       ○ 行方不明者の捜索
       ○ 避難所、遺体安置所等の警戒

    • 一般部隊
特別警備部隊 ○ 行方不明者の捜索
○ 避難所、遺体安置所等の警戒警備   等
特別生活安全部隊 ○ 避難所を訪問しての相談活動
○ 行方不明者相談情報の収集整理    等
特別自動車警ら部隊 ○ パトカーによる警戒警ら及び広報   等
特別機動捜査部隊 ○ 車両による警戒警ら
○ 事件発生時における初動捜査     等
身元確認支援部隊 ○ 行方不明者に関する情報の聴取
○ 行方不明者に関する資料の収集    等
特別交通部隊 ○ 信号機の滅灯に伴う交通整理
○ その他の交通警察活動

石川県警察広域緊急援助隊(警察災害派遣隊の前身)の活躍

○ 平成16年
   10月:新潟中越地震(新潟県)
   警備部隊(21名)、交通部隊(4名)が、避難地域のパトロール及び交通整理等に従事しました。

被災地をパトロールする警備部隊員

  7月:福井豪雨(福井県)
  警備部隊(24名)が、被災住民の救出救助や行方不明者の捜索に従事し、住民34名を救助し、避難所まで搬送しました。

舟艇による住民の避難誘導  走行不能となった車両の移動

○ 平成8年
   12月:蒲原沢土石流災害(新潟・長野県境)
   警備部隊(24名)が、姫川流域において行方不明者の捜索等に従事しました。

中部管区広域緊急援助隊合同訓練

この訓練は、大規模災害の発生に備え、中部管区警察局管内6県(富山県、石川県、福井県、岐阜県、愛知県、三重県)の各県警察広域緊急援助隊が集結し、管内の警察航空隊及び機動警察通信隊との連携を図るとともに、防災関係機関の協力のもと総合的な訓練を実施することにより、災害警備活動を行う各部隊の練度向上と防災体制の確立等を図ることを目的に、中部管区警察局管内各県警察の持ち回りで毎年開催されているものです。

平成20年度の中部管区広域緊急援助隊合同訓練は、10月20日・21日の両日、河北郡津幡町字川尻の「河北潟緑のアメニティ広場」ほかにおいて、参加者約550人、車両約140台、ヘリコプター5機が参加して行われました。

石川県警察からは広域緊急援助隊の各部隊のほか、県警航空隊ヘリ「いぬわし」も参加しました。

また、本訓練には、津幡町消防本部、津幡町消防署、北陸三県警備業協会、石川県医師会、石川県歯科医師会、日本自動車連盟石川支部、石川県救助犬協会連合会のご協力をいただきました。

緊急交通路確保訓練 埋没車両救出救助訓練

倒壊家屋救出救助訓練 検視・遺体取扱い訓練

座屈ビル救助訓練 水中転落者救出救助訓練

戻る

ページの先頭へ