トップページ > 安全な暮らし・防犯対策 > サイバー犯罪対策 > ネットバンキングを狙った不正送金事件について

ネットバンキングを狙った不正送金事件について

ネットバンキングを狙った不正送金が急増
 全国的に「ネットバンキングで知らないうちに他人の口座に現金が振り込まれてしまった」という被害が相次いでいます。
 ネットバンキングの利用には、個別のIDとパスワードが必要ですが、これを犯人が不正に利用し、預金者本人になりすまして、口座から預金を引き出すという手口です。
 被害に遭わないために、以下の対策をお願いします。
パスワードの適切な管理
·  第三者に推測されにくいパスワードにする。
·  定期的にパスワードを変更する。
·  ワンタイムパスワード(利用するたびにパスワードが変わるシステム)を利用する
パソコンのセキュリティ対策の強化
·  パソコンのOSやブラウザは常に最新の状態にする。
·  ウィルス対策ソフトを利用し、常に最新の状態にする。
·  不審なサイトへのアクセスや心当たりのないメールに注意する。
 心当たりのないメールや添付ファイルを開いたり、安易にフリーソフトをダウンロードしたり、不審なサイトへのアクセスはしないように注意しましょう。

戻る

ページの先頭へ