羽咋警察署

警察署協議会開催状況


■ 羽咋警察署協議会(令和元年度 第2回)


開催年月日
令和元年9月4日(水)
委員出席数
(定数)
9人
(9人)
主な議題
1 管内の治安情勢説明
2 速度取締り指針説明
3 委員からの意見・要望等
主な意見・要望等の状況
1 行方不明者が発生して、数日間探しても見つからない場合、警察犬を使っての捜索をお願いできるのか。
2 高齢者の事故が多発しており、警察として新たな対策を考えているのか。
3 熊出没時の対策として、警察から教育委員会や学校に、下校時間を遅らせたり、公民館等に児童らを留め置くように申し入れすることはできないか。
措置(説明)状況
1 警察犬は有効な捜索手段の一つであり、行方不明の届出を受理した際には、事案ごとに可否を検討し、可能な限り出動要請を行っています。
2 羽咋警察署では、ドライブレコーダー映像を活用した安全教育や、新たに導入したバーチャルリアリティ機器等を活用した参加・体験型の交通安全教育を推進しており、今年度からは自動ブレーキ機能が搭載された安全運転サポート車の乗車体験会等が組み込まれた交通安全教室を開催するなど、その普及啓発に取り組んでいます。
  また、9月21日から実施される秋の全国交通安全運動においても「子どもと高齢者の安全な通行の確保・高齢運転者の交通事故防止」等を運動の重点としており、引き続き高齢者の交通事故防止に関する取組を行ってまいります。
3 警察が熊出没情報を入手した場合は、速やかに自治体等の関係機関に連絡し、情報共有を行っています。緊急性が高く、児童生徒に直接被害が及ぶ可能性が高い場合は、警察から直接学校へ連絡する場合もあります。
  引き続き、児童生徒が被害に遭わないよう、関係機関との緊密な連携を図ってまいります。
備 考  石川県警察逮捕術大会の視察及び警察学校施設見学を行いました。

 
 

戻る

ページの先頭へ