七尾警察署

警察署協議会開催状況


■ 七尾警察署協議会(令和元年度 第1回)


開催年月日 令和元年5月27日(月)
委員出席数
(定数)
10人
(10人)
主な議題 1 管内の治安情勢説明
2 委員からの意見・要望等
主な意見・要望等の状況
1 青柏祭期間中の5月4日、御祓川沿いの歩道に露店が出店し、多数の歩行者が歩道からあふれて危険であった。
  4日も5日と同様に歩行者天国にできないか。
2 以前まで、「水白」のバス停近くの横断歩道標識の電灯が点いていたようだが、消えており暗い。
3 「二宮」のバス停近くの横断歩道が停留所から離れており、小学生等が横断歩道を渡らず、道路を横切っている。危険なので横断歩道を移設できないか。
措置(説明)状況
1 当署といたしましても、通行する車両と歩行者との交通事故が懸念される状況であったと認識しており、歩行者の安全確保のため、来年度以降は、5月4日についても歩行者専用道路規制を実施することについて、主催者である七尾市に検討を申し入れることとしています。
2 横断歩道を確認したところ、自発光式の標識に内蔵された照明が切れているものと考えられたので、警察本部担当課に早期の補修を申請しました。補修完了まで今しばらくお待ちください。
3 現地を確認したところ、「二宮」のバス停留所と横断歩道はおおむね32m離れて位置しています。
  停留所と横断歩道の距離について、法的な規定はありませんが、バス停の設置・移設に際しましては旅客運送事業者に対し、
  ・公安委員会が駐停車を禁止する場所(横断歩道上)を避ける
  ・停留所が横断歩道等の付近に位置するものについては、その部分から30m以上通過した場所を選定する
よう、意見を述べることとしております。
  現状では横断歩道を移設する必要はないものと考えておりますが、バス利用者が直近の横断歩道を利用していないという御指摘を踏まえ、警ら活動等の際における街頭指導を実施してまいりたいと考えております。
備考    

 
 

戻る

ページの先頭へ