羽咋警察署長あいさつ

 羽咋警察署長の川本盛光でございます。
 昨年は、令和2年からの新型コロナウイルス感染症の影響により、生活環境、社会経済活動等が大きく変化いたしました。
 こうした中、当署では、発生する事件、事故への対応をはじめ、犯罪や交通事故防止活動等に自治体、ボランティアの御協力、そして何よりも管内住民の御理解と御協力をいただき、安全・安心な羽咋郡市を実現するための活動をいたしました。
 当署は、能登半島の西部に位置する、羽咋市、志賀町、宝達志水町の1市2町を管轄しています。
 管内には、砂浜を車で走れる「千里浜なぎさドライブウェイ」をはじめ、「巌門」、「ヤセの断崖」等の景勝地、能登半島の最高峰「宝達山」、「気多大社」、「妙成寺」等の重要文化財があり、風光明媚な自然と歴史が融合する魅力溢れる地域であり、多くの観光客が訪れています。
 また、羽咋の地域には、村人を襲う"怪鳥"がいたとの伝説があり、この怪鳥を倒したとされる犬を警察署のマスコット「ハク太郎」としております。庁舎の入口では、怪鳥の羽をくわえた「ハク太郎」が皆さんをお迎えします。
 本年も「安全で安心して暮らせる井羽咋郡市の実現」に向け、羽咋郡市の発展を治安面で支えるため、署員が一丸となって業務に取り組んでまいります。
 今後とも、各種警察活動に対する御理解と御協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

川本署長.jpgハク太郎.JPG

戻る

ページの先頭へ