能美警察署長あいさつ


 

 3月6日付の人事異動で能美警察署長に着任いたしました河原正明(かわはら まさあき)でございます。

 当署は、加賀地方の西部に位置し、能美市、川北町の1市1町を管轄しています。管内は、東西に手取川が流れ、自然豊かな地域で、伝統産業九谷焼の産地でありながら、先端産業の工場が複数所在するなど、変化に富んだ魅力あるこの地で勤務できる喜びとともに、治安を担う責任の重さに身が引き締まる思いです。

 管内では、ゴールデンウィークの代表的なイベントである「九谷茶碗まつり」や、大規模な花火大会「川北まつり」が例年開催されており、県内外から多数の観光客が訪れることから、関係機関や団体と連携して雑踏警備や交通規制を実施しております。

 また当署は、昨年10月の新築移転に伴い、名称を旧寺井警察署から能美警察署に変更しております。新しい庁舎は、旧庁舎に比べ、敷地面積が1.2倍、延床面積が約2.5倍となり、全ての人が使いやすいユニバーサルデザインを採用するなど、機能性と利便性に優れた安全安心の拠点となっております。

 今後も関係機関や団体の皆様と緊密な連携を図り、ご協力を得ながら、地域の皆様や管内を訪れる方々が安全で安心して暮らせる能美市、川北町を実現するべく、署員一丸となって犯罪の抑止、検挙や交通事故防止に取り組んでまいりますので、一層のご理解とご協力をお願い申し上げます。

戻る

ページの先頭へ