能美警察署長あいさつ

 この度の人事異動により、刑事部捜査第一課長から、能美警察署長に着任しました田畑真志(たばた しんじ)です。

 皆様には、平素から警察活動に関する深いご理解とご協力を賜っておりますことに厚くお礼を申し上げます。

 当署は、県南部の手取川扇状地に位置し、手取川を境界として位置する能美市、川北町を管轄しています。

 管内は、自然豊かな環境に恵まれながらも、古墳群、温泉、動物園、遊園地、陶芸団地、大学、大型工場等が所在しており、県内外から多数の方々が訪れる魅力的な地域であります。

 私自身、能美警察署長として勤務できることを光栄に感じる一方、その責務の重大さに身が引き締まる思いであります。

 昨年の管内情勢を振り返りますと、対前年比で、刑法犯認知件数、交通事故発生件数ともに減少となりましたが、これは、地域の皆様のご協力があってこそ、成し得たものだと思っています。

 現在、新型コロナウイルス感染症が猛威を振るっていますが、当署としましては社会情勢に的確に対応し、感染症予防対策に万全を期し、署訓である「勤勉」「誠実」「剛健」を念頭に置きながら、地域に密着した警察運営を心掛け、皆様の声に真摯に耳を傾けてまいります。

 今後も、皆様のご理解とご協力をいただきながら、署員一丸となって犯罪抑止、交通事故防止に努め、安全安心な社会づくりに貢献したいと思っておりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

s-IMG_0031.jpg

戻る

ページの先頭へ