白山警察署の活動など

タイトル 「横断者注意喚起灯」設置式の実施について

 令和4年7月12日(火)、白山市新成一丁目の蕪城小学校通学路において、「横断者注意喚起灯」設置式が実施されました。
 横断者注意喚起灯とは、歩行者がセンサーに手をかざすとランプが点滅し、ドライバーに横断者の存在を知らせて車両と歩行者の交通事故防止を図るものです。
 白山市が主催した設置式では、山田憲昭白山市長が挨拶した後、白山警察署員がぶじょうこども園の園児5名に安全な横断歩道の渡り方を指導しました。
 ドライバーの方は、歩行者に優しい運転をお願いします。

DSC00950-S.jpg

DSC00952-S.jpg

ゆずる君写真.png

次へ 次の記事がありません。
前へ 「夏の交通安全県民運動」街頭キャンペーンの実施について

リスト

ページの先頭へ