犯罪被害者の現状

犯罪被害者の現状

1 犯罪被害者の抱える様々な問題 

犯罪被害者(ご遺族を含む。)は、命を奪われる(家族を失う)、けがをする、物を盗まれるなどの直接的な被害を受けるだけではなく、これらの被害後に生じる「二次的被害」といわれる様々な問題に苦しめられています。

二次的被害の主な例~

  • 事件に遭ったことによる精神的ショックや身体の不調
  • 医療費の負担や失職、転職等による経済的困窮
  • 捜査や裁判の過程における精神的、時間的負担
  • 周囲の人々の無責任なうわさ話やマスコミの取材、報道によるストレス、不快感


2 犯罪被害による心身への影響

犯罪の被害を受けた後は、一種のショック状態が続き、心や体に変調を来たすことが多いのですが、これは異常なことではなく、突然大きなショックを受けた後では誰にでも起こり得ることなのです。
周りの人たちは、このような犯罪被害者の変調を理解して接し、犯罪被害者を責めたり、無理に励ましたりすることなどは避けてください。

 反  応  症      状
心理的反応 恐怖感、自責感、不安感、無力感、絶望感、孤独感、疎外感、屈辱感、怒り、悲しみなど
身体的反応 めまい、過呼吸、動悸、下痢、便秘、不眠、悪夢、吐き気、食欲不振
感覚的反応 感覚・感情のマヒ、現実だという感覚がない、自分が自分でないと感じる、
記憶力・判断力の低下、自己評価の低下、他人や社会に対する信頼感の喪失

トラウマとPTSD
 トラウマ(trauma:心的外傷)とは、犯罪や事故による被害、自然災害などの生死にかかわるような大きな出来事に遭遇したときに受ける心の傷をいいます。
 また、トラウマを受けた人が、

〇事件等の記憶が生々しく蘇ったり、その夢を見たりするなど、そのときの苦痛を繰り返し体験する
〇事件等に関連した考えや気持ちを回避したり、事件等を思い出させる場所や状況を避ける
〇事件等のことを思い出せなかったり、必要以上に長く自分や他人を責めたりする
〇いつもびくびくしたり、物事に集中できなかったりする

などの精神的、身体的症状を1か月以上呈した場合にPTSD(Posttraumatic Stress Disorder:心的外傷後ストレス障害)と診断されることがあります。

 
 

戻る

ページの先頭へ