トップページ > 交通安全情報 > 交通法令・制度など > 自動車の安全な運転に必要な業務

自動車の安全な運転に必要な業務

安全運転管理者の業務について

自動車の安全な運転を確保するために必要な当該使用者の業務に従事する運転者に対して行う交通安全教育その他自動車の安全な運転に必要な次の業務を行わなければなりません。

 

1 運転者の状況把握 自動車の運転に関する運転者の適正、技能及び知識並びに法及び法に基づく命令の規定並びに法の規定に基づく処分の運転者による遵守の状況を把握するための措置を講ずること。
2 自動車の運行計画作成 最高速度違反行為、過積載をして自動車を運転する行為、過労運転及び放置駐車違反行為の防止その他安全な運転の確保に留意して、自動車の運行計画を作成すること。
3 交替要員の配置 運転者が長距離の運転又は夜間の運転に従事する場合であって、疲労等により安全な運転を継続することができないおそれがあるときは、あらかじめ、交替するための運転者を配置すること。
4 異常気象時等の安全運転確保      異常な気象、天災その他の理由により、安全な運転の確保に支障が生ずるおそれがあるときは、運転者に対する必要な指示その他安全な運転の確保を図るための措置を講ずること。
5 点呼等の実施及び安全運転確保のための指示 運転しようとする運転者に対して点呼を行う等により、道路運送車両法の規定により当該運転者が行わなければならないこととされている自動車の点検の実施及び飲酒、過労、病気その他の理由により正常な運転をすることができないおそれの有無を確認し、安全な運転を確保するために必要な指示を与えること。
6 運転日誌の備え付け 運転者名、運転の開始及び終了の日時、運転した距離その他自動車の運転の状況を把握するため必要な事項を記録する日誌を備え付け、運転を終了した運転者に記録させること。
7 自動車の運転に関する
技能知識等の指導
運転者に対し、自動車の運転に関する技能、知識その他安全な運転を確保するために必要な事項について指導を行うこと

 
 

自動車の使用者は、安全運転管理者に対し、規定の業務を行うため必要な権限を与えなければなりません。

 
 

戻る

ページの先頭へ